カテゴリー別アーカイブ: 雑感とお知らせ

iPhoneで、画像が逃げちゃう現象。

 

iPhoneユーザーからご指摘頂いたんですが、

画像が逃げちゃう現象が起こっているらしいです。

 

 

どういう現象かというと、

 

 

IMG_4140

それは、写真のポップアップのときに起こるようです。

まずは、大きくしたい写真をクリック。

 

 

IMG_4141

拡大するブラグインを入れてるんで、

クリックすると読み込み画面になります。

 

 

IMG_4142

しばらくすると、画像がポップアップされます。

ちょっと文字が小さいのでピンチで拡大しよう、とすると、

 

 

IMG_4143

画像はでかくなりますが、逃げてしまいます。。。

 

 

IMG_4144

さらに拡大すると、さらに隠れてしまう。。。

 

 

 

3つ、4つ色々なプラグインを試してみましたが、

どれも同じような結果になってしまいました。

 

 

多分、中心に画像が寄っていってしまうように設定されているんでしょう。

何か対策を考えます。すいません。

 

 

Windowsの方々すいません。「発狂収支報告」について。

 

今更ですが、Windowsの環境で「発狂収支報告」が見れていなかったようです。。

自分とウェブマネージャーが両方ともMacを使用していたため発見が遅れました。

 

 

なんとか対策します。

すいません。

 

 

ちなみに、こんな状態です。今。

スクリーンショット 2013-11-07 4.54.28

 

 

焦ってお見せするようなもんでもないですけどね笑。

 

 

香港HSBCバンクの口座開設方法。頑張れば日帰りでもできそう。

 

IMG_3654

香港でHSBCバンクの口座を開設したのですが、

HSBCは日本人にとても人気のある銀行なので、口座の開設方法をまとめておきます。

 

まず、HSBCについて。

HSBCは世界中に支店を持つとても大きな銀行です。

ここで口座を開いておくと、世界中で通貨の出し入れができます。

マルチカレンシー対応なので、両替の必要もありません。

円は円、ドルはドルのまま入金できます。

もちろんネットバンクも使えますし、ネットバンク上で両替もできます。

 

最近、日本の円がかなり安くなりましたが、リスクヘッジとして通貨を分けて預けることもできます。

また、海外の投資商品を買ったりと、利殖にもとても向いています。

 

そんなHSBCですが、残念ながら日本からは撤退してしまっており、

口座を開くためには海外に渡らなければなりません。

海外のHSBCの中で、一番口座開設がしやすいと言われているのが香港のHSBCです。

 

HSBCの口座には3種類のアカウントがあります。

それぞれ最低入金額とサービスが異なります。

また、最低入金額を下回った場合の、口座維持手数料も異なります。

 

・スマートバンテージ

最低入金額 10,000HKD

口座維持手数料 60HKD/月

 

・アドバンス

最低入金額 200,000HKD

口座維持手数料 120HKD/月

 

・プレミア

最低入金額 1,000,000HKD

口座維持手数料 380HKD/月

 

僕はクレジットカードを作りたいので、アドバンスにしました。

クレカはスマートバンテージだと作りにくいようです。

 

一泊二日の旅程だったので、

即日でカードを発行してくれる銀行に行かなければいけません。

アドバンスなら即日で発行してくれる、という情報を事前に聞いていました。

(場所によりけりですが、スマートバンテージでも即日発行してくる支店もあるようです)

 

まずは香港国際空港から一番近い、というか、空港のターミナル2の6階にある支店に向かいました。

IMG_3656

こちらです。

スカイプラザ支店という名前のようです。

 

受付でまず聞かれたのが、住所を証明するものはあるか、という質問でした。

僕の場合は、パスポート、国際免許証、普通の免許証の3点でOKでした。

 

次に、待ち合い席のようなところに案内されて、質問が書かれた用紙に記入します。

用紙は3枚ありました。

 

だいたい見ればわかると思います。

個人的にちょっと分かりづらかったのが、「Job Title」。役職のようです。

 

用紙の記入が終わり受け付けの方に知らせると、やっと個別のブースに案内してもらえます。

 

ブースに案内されると、まずパスポートと国際免許証と免許証のコピーが取られます。

そして、やはりアドバンスの口座開設をすすめられました。

僕はアドバンスでも問題ないのでOKと返事。

 

相手は、先ほど書いた質問表に沿って質問してきます。

一通り確認が済むと、その場でカードを発行してくれました。

 

次にデポジットです。手持ちが100万円ほどだったので、最低入金額には足りませんが、一部金として入金。

もちろん両替の必要はなく、日本円のまま入金しました。

 

最後に、銀行の中にあるATMでアクティベーションをします。

香港国内でしておいた方がいいそうです。

 

以上、口座開設完了まで約1時間30ほど。

場所も香港国際空港内なので、超頑張れば日帰りで口座開設も可能です。

 

IMG_3657

土曜の朝一到着で、午前中に開設したら、午後は観光して夜に帰国できるんじゃないでしょうか。

海外への出張や旅行が多い方や、利殖をしたい方には重宝するかと思います。

 

 

HSBCの口座を開設するために香港へゴー。

ちょっと、香港へ行っておりました。

mac book airをマニラに置いていったので、更新期間が開いてしまいました。すいません。

 

香港へ行った理由は、HSBCの口座を開くためです。

海外を色々と回るので、現金を持ち歩くのは危険。時間とお金はかかりましたが一泊二日で弾丸香港旅行に行ってきました。

IMG_3655

 

 

カジノデビューの前にアキバギルドを試してみたら?

「日本にはポーカールームないのに、なんでポーカーやってんの?」

とか、よく同卓した人に言われます。

日本ではポーカーはメジャーじゃないので、その疑問はもっともです。

 

日本人のポーカープレイヤーは、ホームゲームか、違法の賭場か、ネットポーカーでプレイしているんじゃないでしょうか?

 

いずれにせよ、日本人が海外でポーカーデビューするにはちょっとした障壁があるのが現実です。

そんわけで、今回は海外カジノデビューのための、おすすめのスポットを紹介します。

 

おすすめは、東京は秋葉原にあるアミューズメントカジノ「アキバギルド」です。

スクリーンショット 2013-09-18 17.35.28

メイドカジノ、というと軟派な感じに聞こえますが、シリアスプレイヤーもかなりいて、レベルも高いです。

しっかりと、疑似カジノ体験をすることができます。

 

 

実は、アキバギルドの社長さんとはお友達です。

 

4月にマカオで開かれたポーカートーナメントに出場したとき、往路の飛行機でたまたま、あのポーカープロの木原直哉さんにお会いしました。

木原さんは以前に、仕事の関係で一度取材をさせて頂いたことがあったので面識がありましたが、その際にご紹介して頂いたのが、アキバギルド社長の藪内さんでした。

「アキバギルド行ったことあるんですよー」なんて軽く世間話をしてマカオに向かいましたが、、、

 

驚いたことに、藪内さんとはトーナメントの予選日もテーブルも全く同じでした。。。

まさか同卓するとは思っていなかったので、とても複雑な心境を抱いたのを覚えています。

そんなこともあり、とても印象深い方です。

 

 

ポーカールームのない日本では、アキバギルドのようなアミューズメントポーカーで実戦慣れするのが上達の近道です。ネットポーカーなどで慣れていても、実戦だと細かいルールがあったりと色々と戸惑うことがあります。

ポーカーに興味をお持ちであれば、是非一度行ってみることをお勧めします。

 

バカラやブラックジャックやルーレットもありますしね。

何より、メイドと戯れることができます笑。

 

 

わーい。44日間でいきました20,000ページビュー。

スクリーンショット 2013-09-18 16.12.24

8/6のデータ集積開始から、44日間でアクセスが20,222に達しました。

わーい、沢山の方に見て頂いてるのは本当に嬉しいっす。

 

 

今回は、ちょっとデータのお話をします。

Google Analyticsでブログアクセスのデータ集積をしているのですが、最近のは本当にすごいですね。
(もちろん、設定は友達に全部やってもらいました。感謝)

 

たとえば、これ。

スクリーンショット 2013-09-18 16.21.56

新規で来てくれた方と、リピーターの方の分布です。だいたい1:3くらいってのがわかります。

 

次に、アクセス回数。

スクリーンショット 2013-09-18 16.13.11

なんと201回以上ブログを訪れてくれている方が96人もいるとのこと!

確実に、母と姉は入ってますね。

 

他には、端末情報など。

スクリーンショット 2013-09-18 16.20.39

意外にも、デスクトップとケータイが半々であることがわかりました。

 

なかでもiPhoneが多いらしいですね。

スクリーンショット 2013-09-18 16.21.24

 

あとは、

スクリーンショット 2013-09-18 16.22.44

世界のこんな国で見てもらってるってのがわかったり。

 

 

 

まー、そんなこんなで、色々な情報を見ることができます。

あんまり見すぎてもやらしいので、たまに見て、記事に反響があったら嬉しいなーと思う程度にしてますが。

 

 

 

スクリーンショット 2013-09-18 16.22.24

いつか、この地図が真っ青になったら嬉しいですねー。

 

 

気づいたら超えてました10,000アクセス。

スクリーンショット 2013-09-06 8.35.33

気づけば、ページビューが10,000アクセスを超えていました。

ブログ開設から1ヶ月くらい経ったタイミングでしょうか。

 

飲食店と同じで、ご祝儀期間の貢献が大きいですが笑

 

みなさんありがとうございます。

ブロガーの端くれとして、こういった節目はちょっと嬉しいですね。

 

 

悲喜こもごもを見える化。〝発狂収支報告〟追加!!

「で、今の収支どんなかんじ?」

とよく聞かれるので、グラフにしました。

 

前に使っていたiPhoneアプリ「My Stats」での報告は一旦終了。

これからは、サイトに実装し(てもらっ)た「発狂収支報告」で騰落を公開していきます。

ページ左上の、黒いメニューボックスに入ってますんで。

 

 

右肩下がりのグラフ、、、改善を図りたいねー。

 

スクリーンショット 2013-08-27 13.05.23

 

続々・トランプの話。「(この)王様だぁーれ?」

z02

トランプの話、もうちょっと続きます。

 

 

*タロットの節で少し触れましたが、スートにも意味があります。

 

トランプには4つのスートがあるのはご存知の通り。

それぞれに意匠に、以下の意味が込められています。

 

スペード  剣(騎士)

ハート   聖杯(僧職

ダイヤ   貨幣(商人)

クラブ   杖・こん棒(農民)

 

タロットの小アルカナとほとんど同じですね。

でも、国よってはダイヤが「鈴」だったりクラブが「どんぐり」だったりと諸説あるので、まあ参考程度にってところでしょうか。

 

また、スートの強さも

も、スペード > ハート > ダイヤ > クラブ とされていますが。日本の江戸時代の士農工商みたいなもんでしょうか。これも、強弱が諸説あるようです。(なんだか諸説ありばかりです)

 

ちなみにですが、ポーカーではスートの強弱は勘案しません。

例えば、Jのワンペア同士であったとしてもスートの強弱で勝ち負けがが決まったりはせず、チョップ(引き分け)となります。

 

 

 

*絵柄にモデルがいるという話も有名です。

「そういえば、世界史の授業で勉強したね」と懐かしい気持ちになります。

 

 

◉キング(*以下wikipediaより抜粋)

s13

ダビデ王(『旧約聖書』の「列王記」に登場するソロモン王の父、古代イスラエル国王)

 

h13

カール大帝(シャルルマーニュ、中世のフランク国王)
※よく見るとこのキングだけヒゲがありません。ご存知でしたか?

 

d13

カエサル(シーザー、古代ローマの政治家、軍人)

 

c13

アレキサンダー大王(ギリシア時代のマケドニア国王)

 

 

◉クイーン

s12

パラス(ギリシャ神話のトリトンの娘。もしくは友人であるパラス・アテナ。こちらはギリシア神話の戦いの女神で、ローマ神話ではミネルウァ)

 

h12

ユディト(英語読みから「ジューディス」とも。『旧約聖書』外典の一つである「ユディト記」に登場するユダヤの女戦士、もしくはカール大帝の子ルートヴィヒ1世の妻)

 

d12

ラケル(旧約聖書のヤコブの妻)

 

c12

アルジーヌ(英語読みから「アージン」とも。名前はラテン語の女王を意味する単語・regina(レーギーナ)のアナグラムから(regina→Argine)。モデルはシャルル7世の妻であるマリー・ダンジュー(Marie d’Anjou、アラゴンのマリーとも)、もしくは愛人のアニェス・ソレル(Agnès Sorel)、またはこの二人を混合したものとされている)

 

 

◉ジャック

s11

オジェ・ル・ダノワ(英語読みから「オジーア・ザ・ダン」とも。カール大帝の騎士で、デンマークでは「ホルガー・ダンスク」の名で愛されている)

 

h11

ラ・イル(英語読みから「ラハイア」とも。ジャンヌ・ダルクの戦友)

 

d11

ヘクトル(ギリシア神話に登場するトロイの王子)

 

c11

ランスロット(『中世騎士物語』に登場するアーサー王に仕えた円卓の騎士の一人)

 

 

中には、見知った名前もいくつかあったのではないでしょうか。

 

 

続・トランプの話。顔の向きは首ったけ度。

トランプのお話をもう少し。

 

今日は、マカオで知り合ったフランス人に教えてもらった小咄を紹介します。

ネットで調べると、いくつか同じ話が出てくるのでご存知の方もいるかもしれませんが。

 

 

さて、

トランプのジャック・クイーン・キングの絵柄を見ていて、何か気づくことはないでしょうか。

 

「全員が一様に、不機嫌そうな顔をしているね」、、、という点は置いておいて、

表情ではなくて、顔の向きに注目してみてください。

 

 

スペード、ハート、ダイヤ、クラブなどのスーツに対して、

1)正面から向かい合っている

d13

 

2)斜め45度で向かい合っている

c12

 

3)反対側を向いている

s11

 

 

この3種類しかないのです。

ご存知でしたか?

 

そして、この顔の向きは、

スペード、ハート、ダイヤ、クラブのスーツに対する関心の強さを表していると言われています。

 

 

正面から向かい合っているものは、

関心がある、好ましいもの。

 

 

斜め45度で向かい合っているものは、

まあまあ興味がある、嫌いじゃないもの

 

 

反対に、顔を背けているものは、

関心が無い、避けたいもの。

 

 

と、いった感じです。

 

 

 

では、クラブから順に見てみましょう。

 

c11

真反対を向いてます。これは完全に嫌がっていますね。

 

c12

興味あり、といったところでしょうか。顔を向けています。

 

c13

こちらも同じく関心を示しています。

 

 

 

さて、このクラブですが、

〝知性〟を表すと言われています。

 

若い頃はそっぽを向きたいほど勉強は嫌だし、学もない。

でも、ある程度歳をとってくると、知性の大切さをわかってくるようです。

深いですね。

 

 

 

次に、ダイヤを見てみましょう。

 

d11

嫌いじゃない、といったところでしょうか。

 

d12

クイーンも同様。悪い気はしないようです。

 

d13

キングにいたっては、強い関心を示しています。

 

 

 

ダイヤは、

〝お金〟を表すと言われています。

 

老いも若きも、金の魅力には勝てません。

キングは完全に金に魅了されています。

 

 

 

次にハートです。

 

h11

若者は首ったけ。

 

h12

クイーンもまんざらではないようです。

 

h13

これはキングも同じでした。

 

 

 

ご想像の通り、

ハートは〝愛情〟を表しています。

 

ジャックとキングで、

〝愛情〟と〝お金〟の結果が入れ替わるのが興味深いです。

 

 

 

最後にスペードです。


s11

強い嫌悪感を示しています。

 

s12

クイーンも目を背けています。

 

s13

キングも同様です。

 

 

初めて三人の意見が一致しました。

スペードの意味は、誰もが嫌がるもの。

 

 

 

それは、〝死〟です。

 

 

 

トランプの話、もう少し続きます。

 

 

 

胡散臭いのもありますトランプ諸説。

s13

おなじみのトランプのお話です。

 

英語ではそもそもトランプとは言いません。単純に〝cards〟と呼びます。

日本語の〝trump〟は「切り札」や「奥の手」を意味する別の言葉になるのでご注意を。

 

 

 

*トランプは1年を表す、という説もあったりします。

 

トランプの1から13までの数を足すと91。

トランプは4つのスーツ(スペード、ハート、ダイヤ、クラブ)があるので、91×4=364。

ここにジョーカーを足して365だというのです。ジョーカーが2枚あるのは閏年だとか。

たまたま数字が合っただけのような気もしますね。

 

宴会の席とかでたまに自慢気に語られる、波と呼吸と体温とかの法則がありますが、それに似た当てつけ感があります。

こんなやつです
(海の波の数は、1分間に18回。これは人間の1分間の平均呼吸数。その呼吸数を2倍にすると36になり人間の体温。心臓の温度36の2倍が平常時の心拍数72。心拍数の数字は平均最低血圧。72を2倍すると最高血圧の144。144を2倍すると細胞が生まれ変わる平均日数288。288日は受精卵が赤ちゃんになる平均日数)

そんなん何でも当てはまるんじゃない?といつも思います。歯や骨の数とか、臓器の数とかね。それに温度とか、華氏と摂氏どっちなん?とか。水の沸点を人間が便宜的に摂氏100度と定めただけじゃないの?とか。

 

ちょっと脱線しました。

 

 

*これとは別に、そもそもトランプは、タロットから来たんだよって説もあります。

(タロットよりトランプが先、または偶然の一致など、諸説あるようですが)

 

タロットカードには、大アルカナと小アルカナという分類があります。

 

大アルカナは、寓意画が描かれた22枚のカードのことを言います。

寓意画とは、例えば「愛」「信仰」などのように、目に見えないものを絵で表現したのものです。

RWS_Tarot_07_Chariot RWS_Tarot_16_Tower

このあたりは有名ですね。

 

小アルカナは1から10までの数札と、4枚の人物札(小姓 、騎士、女王、王)から成ります。これで計14枚。

そして、トランプと同じように4つのスーツ( 棒、剣、聖杯、硬貨)があります。

これで14×4組で56枚。

 

 

この小アルカナから人物札の小姓が無くなり−4枚。

ここに、大アルカナの愚者(THE FOOL)が1枚加わりトランプとなりました。

RWS_Tarot_00_Fool

 

 

愚者の役割は、

x01

もちろんジョーカーです。

 

 

トランプの話、もう少し続きます。

 

〝台湾の大富豪〟David再び。

第2の都市・マニラ(フィリピン)への旅程です。

スクリーンショット 2013-08-22 5.03.35

8月28日出発に決まりました。

 

お値段はこんなところ。

スクリーンショット 2013-08-23 0.56.18

まあ妥当なラインでしょう。

 

本当はもっと早く旅立つ予定だったのですが、3つの事情で出発が遅れていました。

1つ目は、City Bankの口座開設です。キャッシュカードの到着にしばらくかかります。

2つ目は、読書のためです。力量不足なので、しっかりと知識を蓄えてから旅立つ必要があります。
ノルマがかなりあるので大変です。

 

IMG_3297

ざっとこんなところ。

 

色々ありますが、今途中まで読んでいるのはこの2冊。

「FBI捜査官が教える『しぐさ』の心理学」(河出文庫)
「FBIトレーナーが教える相手の嘘を99%見抜く方法」(宝島社)

ポーカーに役立つよと大阪の友達に推薦して頂きました。

 

英書も多数あって大変です。
辞書を引きながらの読書は、高校1年生の英語の授業で読まされた「The Lost World」(「Jurassic Park」の続編)以来です。(結局、隣のクラスのYさんという天才が訳した日本語版をもらいました。その節はありごとうございました)
その他の語学に関しては、中国語はまだしも、モンゴル語は完全に趣味です笑

 

 

さて、3つ目の事情ですが、それは現地の状況です。
フィリピンは今、都市部が大洪水で大変なことになっています。マニラでは死者も出ています。「もう少し日程を遅らせた方がいい」と、フィリピン渡航8回のカメラマンからもご助言頂きました。(K氏ありがとうございます)

 

次に、宿問題。
どこに拠点を置こうかと迷っていました。一番の目的地は「Resorts World Manila」というカジノなので、その付近がいいなーと考えていたら、意外なところからオファーがきました。

なんと、マカオでお世話になった、あのDavidが宿泊先を提供してくれるというのです。

1

*Davidに格安で借りたマカオで一番高価なマンション

 

日本に一時帰国後、次はマニラに行く旨を伝えるとDavidからこんなメールが届きました。

 

***************************************

Hi Shimpei,

Now I m ready going to aircraft for Macau,n I make time to reply your email as follows:

If you are going to make a trip to Malina ,then let me know ,

then my son Luke will pick you up at the airport of Manila(we need your detail flight schedule);

and I have informed this issue to Luke already n he said you are so welcome to stay there.

And thanks for your gift that I can not get from you,

but I will see after while I arrive my apartment tomorrow ,thanks again.

How was your result in Macau ,is it a good income for you? won or lost?

Hope you have a good trip back to Japan too.

Bye n hope to see you soon.David Lin in LAX AIRPORT GATE

***************************************

 

!!!!!!

何という素晴らしいオファーでしょう!今度はDavidのご子息、Luke氏のご自宅に滞在することになりました。
しかも、空港にまで迎えに来てくれるとのこと。

さらに良いことに「Resorts World Manila」のそばらしいです。

Luke氏は亥年だと言っていたので1つ上でしょうか。台湾は数え年なので不確かですが。
いずれにせよ、今からお会いするのが楽しみです。

 

IMG_3298

仕送りや書籍のクレカ払いなどあって、今日は−14.4万円。

さて、宿も確保したし出稼ぎますよー!

 

MacauのMoney

引き続きお金についてです。今回はビジュアル的なページですが。

 

マカオにはパタカ(MOP)という通貨があります。
香港ドル(HKD)とパタカは1対1.03の固定為替レートのため、ほとんど同価値です。
そのためか、マカオ内ではパタカと香港ドルが混在しています。
(ちなみに現在のレートで1HKD=12.6¥程度です)

 

また、香港にはお札を刷れる発券銀行がいくつもあります(日本なら日銀のみ)。
そのため、同じ価値の紙幣でも数種類あり、意匠も様々です。
でも、大体の店で問題なく使えるので、違いを気にする必要はないかもしれません。

 

厳密に言えば、パタカで支払える場所で香港ドルを使って買い物をすれば、1.03倍の値段になってしまいます。
消費税分くらい損してしまいますが、まー旅行者ならそれくらいは甘受できるでしょう。

 

マカオで流通しているお金を、いくつか撮ってきたのでご紹介します。
お金などを写真で撮るときは、真俯瞰(まふかん)といって、真上から撮るのがセオリーなんですが、全然上手くできてませんね笑。
紙幣に至っては、全部左側が大きく写ってしまっています。まぁそんなの気にするのはプロのカメラマンの方くらいでしょう笑。ご容赦ください。

 

◉10アボス硬貨(0.1パタカ硬貨)
超小さいです。

IMG_3181-e1376883780948IMG_3180-e1376884212317

 

◉20アボス硬貨(0.2パタカ硬貨)
ちょっと楕円形。

IMG_3183-e1376883871658IMG_3184-e1376884407228

 

◉50アボス硬貨(0.5パタカ硬貨)
10アボス硬貨より一回り大きいです。

IMG_3185-e1376884318934IMG_3186-e1376884525746

 

◉1パタカ硬貨
日本円で12.6円程度。10円玉みたいなもんです。
タクシーでは、1パタカ硬貨以下はあまり使いません。まけてくれたりします。

IMG_3187-e1376884465234IMG_3188-e1376884367778

 

◉5パタカ硬貨
写っているのは聖ポール天主堂跡でしょう。
2パタカ硬貨もあったのですが、タクシーで使っちゃいました。

IMG_3191-e1376884568747IMG_3189-e1376884258912

 

◉10香港ドル紙幣
これで126円程度。紙幣は、パタカより香港ドルを多く使いました。カジノ内では香港ドルの流通が多いようです。
こっちのお札はザラザラとしていて、独特の触り心地があります。

IMG_3193-e1376885067877-1024x540IMG_3192-e1376884640898-1024x543

 

◉20香港ドル紙幣

IMG_3195-e1376885837219-1024x525IMG_3194-e1376884888397-1024x532

 

◉50パタカ紙幣

IMG_3197-e1376884830319-1024x543IMG_3196-e1376885661300-1024x541

 

◉50香港ドル紙幣

IMG_3199-e1376885493521-1024x544IMG_3198-e1376885273592-1024x558

 

◉100香港ドル紙幣
約1260円。まー千円札みたいなもんですね。一番使います。

IMG_3202-e1376885716178-1024x538IMG_3203-e1376885166848-1024x531

 

IMG_3201-e1376885558235-1024x536IMG_3200-e1376885217454-1024x542

 

IMG_3204-e1376886377702-1024x542100 1

 

◉500香港ドル紙幣
こちらが6300円程度。

IMG_3207-e1376885120345-1024x555IMG_3206-e1376884943645-1024x554

 

◉1000香港ドル紙幣
黄色のお札が126000円くらいです。万券より高い!
タクシーとかで出すと露骨に嫌な顔をされます。釣りの用意がないときも。

IMG_3213-e1376885772680-1024x5321000 1

 

IMG_3210-e1376885382594-1024x5341000 2

 

IMG_3208-e1376885334270-1024x548IMG_3209-e1376885443756-1024x557

 

IMG_3214-e1376885010395-1024x536IMG_3215-e1376885616283-1024x530

*一応[sample]と注記しました。複製等ご遠慮ください。(JJ氏ありがとうございます)
*硬貨の写真の右下にチラチラ写っている紫の斜線は、京葉銀行の封筒の柄です笑。

 

日本で香港ドルを交換すると、とてもレートが悪いので注意が必要です。

香港やマカオに行かれる方は、ホールドを活用するか、最低限の両替をして使い切りましょう。

 

それでは、Good Luck Guys!

 

M.I.Q.とPoker skill

 

ntf_137_1

フィリピンへの出発日が近づいて参りました。

500万円近い大金を運ぶのは大変危険です。マニラは犯罪が多いとも聞きますし。
そんなわけで、口座開設や資金移動の方法について悩んでいます。
(どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご教授ください)

まず、こちらの状況です。
・8月の25日あたりにマニラ(フィリピン)へ発つ。
・手持ちのキャッシュは100万円程度。
・日本で使用しているメイン銀行は住信SBIと三菱東京UFJの2つ。
・City Bankは今回の一時帰国中に日本で口座開設。あと2〜3日でキャッシュカードが届く予定。
・できれば海外口座に紐付けたクレジットカードも作りたい。

皮算用としては、
・HSBC香港で日本円を入金して、スマートバンテージ口座かアドバンス口座を開設。
・日本からHSBCへ資金を送金。
・フィリピンに移動後、現地のHSBCでフィリピンペソとして出金。
・フィリピン以外の国でも、現地のHSBCで現地通貨を出金。
と、考えています。

HSBC香港の口座開設はできると思います。
が、フィリピンで出金は可能なのでしょうか。それに、フィリピンのHSBCのATMで出金する際は手数料等はどういう扱いになるのか。「日本円⇔フィリピンペソ」をそのタイミングの為替レートで両替+手数料、という形になるのでしょうか。

また、City Bankは日本の円口座に紐付いているので、海外で現地通貨で出金できないという話も聞きます。 フィリピンHSBCを開くこともできるという話も聞きます。

結局、今日は3時間くらいHSBCの口座開設情報と格闘してますが、なかなか全容が見えてきません。。。

 

しかしお金って、詳しい人は本当に詳しいです。
IQやEQという言葉がありますが、MIQという言葉もあります。これはMoney Intelligence Quotientの略で、まーお金に関するIQみたいなもんです。(昔マガジンで連載していた「M.I.Q.」という漫画で知りました)

ポーカーは投資センスに長けた人が上手だと思っています。過去に資産1億円トレーダーの方々の取材をさせて頂きましたが、皆さん趣味でポーカーをされていました。あの資産100億円トレーダーのcisさんもポーカーを趣味にしているのは結構有名な話です。

今回の件も、ポーカーの修行だと思いもう少し取り組んでみます。
投資条件の良い海外口座の開設方法などは需要があると思いますので、その意味でも引き続きレポートしていきます。

 

IMG_3213-e1376885772680-1024x532

*自宅にあった1000香港ドルをパシャり。

 

 

 

世界でマタギもします

世界中の「Hard Rock Cafe」で、熊の人形を売ってるのご存知ですか?

僕は、全然ぬいぐるみとか好きなわけじゃないのですが、両親が「Hard Rock Cafe」が好きなので、海外で見つけると買って帰るようにしています。熊の人形自体を好きかどうかは怪しいですが、嫌がってはいないようなので継続する予定です。

 

先日、マカオで買ったのはこちら。

IMG_3157

足の裏の刻印がRockですね。

 

IMG_3158

こちらはシンガポールのセントーサ島で買ったもの。マカオと比べると、ちょっと顔がでかい。そして目線が虚ろ?

 

IMG_3155

色黒のコイツは、Munich出身。発音はミューニック。ドイツはミュンヘンのことです。姉と母がヨーロッパ旅行したときに買ってきたとかなんとか。

 

IMG_3153

3つ並ぶとこんな感じです。

次にいくマニラ(フィリピン)にもあるそうなんで、そこでも買います。

早晩、実家は熊だらけになることでしょう。

 

デザインがガラっと変わりました

トップページが変わって、全体がやや雑誌的な?デザインになりました。
まだ構築途中なので、若干変更があると思いますがご容赦ください。

 

ちなみに、デザインやサーバーの管理を全部やってくれているのはAK氏です。
彼は、面白法人カヤック → ADK → ベンチャーに転職 という面白くん。
都内のどこで待ち合わせても自転車でやってきます。

 

餅は餅屋というか、助けてくれる友達が多くて嬉しいです。

実家で英気を養い、マニラに向かうのが僕の仕事と開き直っていますが、ぬるい?

 

*英気を養うイメージ画像(甥っ子)

IMG_2624

 

〝効果テキメン〟博打ダイエット

マカオから帰国後。

実家で久しぶりに体重計を見かけたので、ちょいと乗ってみました。

 

IMG_3223

なんと、65kg → 59.95kgに!

たった3週間で5kg以上も減少。

 

痩せすぎじゃないこれ?

昔、週刊少年マガジンで星野先生が描かれていた「哲也-雀聖と呼ばれた男-」という漫画がありましたが、

その中に登場する博徒が、金がなくて空腹をごまかすために唐辛子を舐めるくだりを思い出しました。

 

辛酸舐めると体系変わるねー。

身も心も細りたい方は、博打ダイエットがおすすめです。

 

Mr. Ferrari@同窓会

 

行ってきました同窓会。

僕が通っていた高校の学科は2クラスしかなく、今回の同窓会は2クラス合同で行われました。会は50人弱集まる盛況ぶり。当時の担任の先生方もいらっしゃっていました。

しっかし、みんな綺麗にそして偉くなっていましたね。でも、根っこは変わっていませんでした。当時を振り返り、とても落ち着いた気持ちになりました。

二次会に行って、三次会に行って、結局、四日市で始発まで飲んでいました。

 

最後は3人でした。

1人は塾を4つ経営する青年実業家になっていました。3年間だけと決めて予備校に勤めノウハウを学び、資金を貯めて開業したそうです。すごいです。自分の置かれている状況をすごく客観的に見ているなーと話をしていて思いました。

もう1人は弁護士になっていました。勉強家のすごい男です。彼には面白い話がいっぱいあります。受験勉強に集中しすぎて、夏休みに外出したのは郵便受けに新聞を取りに行った一度だけ、とか笑。

 

ちょっと思い出したので、弁護士の彼の話をもう少し。

鈴鹿が近いせいか、昔から彼はフェラーリが大好きでした。持っている小物はだいたい全て赤でした。同窓会の日も赤のネクタイをしていましたし笑。

そんな彼は、中学時代に大好きなフェラーリを買うために、以下の人生計画メモを作りました。

 

*************

・◯◯高校合格

・東京大学合格

・東京大学法科大学院合格

・司法試験合格

・4大法律事務所就職

・フェラーリを買う

*************

 

こんなメモを机に置いて勉強していたそうです。

彼が弁護士として働き始めた後に、彼の家に遊びに行ったことがあります。そのメモの話はチラっと聞いたことがあったので、試しに彼の机の上を見てみると、、、

ありました。例のメモが。

中学時代に書かれたというだけあって、日焼けして年季を感じさせる代物になっていました。

ん? でも何か書き込んであります。よく見てみると、

 

*************

・◯◯高校合格 済

・東京大学合格 済

・東京大学法科大学院合格 済

・司法試験合格 済

・4大法律事務所就職 済

・フェラーリを買う

*************

 

達成したところに全て、〝〟印がついていました。。。。。

とんでもない男です。

中学時代に決めた絵空事を一度の浪人&留年もなく実行しているのですから。

サッカーの本田や、野球のイチローの文集が度々話題になりますが、同じ感覚を覚えました。

 

その後しばらくして、彼はついに車を買いました。

彼が最初に買った車はフェラーリ、、、、ではなく、

MA_S017_F001_M008_1_L

なぜかマツダのロードスターでした。

なんなんでしょうねこの人は笑。