カテゴリー別アーカイブ: 第11の都市・Seoul/Korea

1-2なのに動きは2-5。韓国キャッシュゲームの成績。

 

韓国のキャッシュゲーム、

1-2ということもあって全然期待してなかったんですが、結構勝ててしまいました。まあ実際2-5みたいなもんですからね。

 

あ

い

 

う

時給50,000KRWは出すぎ。これもピーター効果か。

Graciasであります。

 

 

さて、この辺りで韓国編はいったん終了して、

次回は最近のコマースの話と、牟田さんと二人立ち向かったマシンブラックジャック攻略記を書いていきたいと思います。

では~。

 

 

 

韓国で食ったうまいもん。

 

韓国は酒好きには天国です。

飲み代はめっちゃ安いし、辛くて酒がすすむつまみが多いのも嬉しい。

でもポーカープレイヤーはあんまり飲まない人が多いので、ちょっとそれは寂しいんですが。

 

 

韓国のビールといえば、だいたいこの2つ。

imageimage

ハイテとカス。大抵どこの店でも置いてあります。

しかし、こっちのビールって、基本的にちょっと味が薄いんすよね。

 

kloud_03

そこで、クラウドがおすすめです。鈴木さんに教えてもらいました。物足りないあなたは是非こちらをお試しください。

 

 

o0400030012177921370

あとは、ソウジュですね。これ、めーっちゃきつい。僕は苦手なので飲みませんでした。コマースで、ソウジュ飲んでないなら韓国行ったとは言えないぜ、って韓国のレグに言われましたが、それぐらい一般的な飲み物。マッコリに混ぜて飲むと美味い!とブライアンがしきりに言っているので今度挑戦してみます。

しかし、飲み屋で若い女性二人でソウジュ飲んだりとかしているのも見かけます。うーむ、、すごいな韓国女性は。

 

 

さて、今度はお食事です。

やっぱりサムギョプサルですよね。ソウルにたまたまいたモンゴル人の友達と行ってきましたが、やっぱりうまい。

image

これは人生ベスト3には入るサムギョプサルでした。ニラってめっちゃ合うんすよ。ニラの山の下のにはイカ・タコなどの海鮮も隠れています。ナイス。

 

 

てなわけで、韓国は海鮮も人気っす。

image

特にイカ刺はめっちゃうまい。

また、タコや野菜を鉄板でまとめて炒める料理、の店が結構ありました。トライしましたが、かなりグロかった。タコの墨袋が熱で膨らんできます。それを食べたT君はトイレに籠ってしまいました、、笑。

 

 

あとは、鶏肉。

明洞で人気っぽいチェーン店へ行きました。

image image

イラストが下手すぎるのはご愛嬌。

鶏肉と野菜を甘辛く痛めた料理。おいしい。ご飯とビールがすすむ。

鶏肉は人気で、から揚げや鍋料理や鉄板料理など、様々な種類のお店を見かけました。

 

 

そしてチゲですね。

image

こちらはブデチゲ。ブデはウインナーやソーセージといった意味らしい。これも美味かった。もちろんラーメンはぶち込みます。

 

 

他には、屋台でも色々と食べ歩きました。

両替の都合で明洞へ行ったのですが、すごい数の屋台が並んでいました。明洞って、街の雰囲気は渋谷のセンター街みたいな感じ。

image image image

ちょっと裏通りに行くと、趣きのあるお店も並んでいます。

 

 

imageimageimage

ポテトツイストはトッピングが選べました。手巻きピザなんかもあったり。僕は焼きトウモロコシを食べてたんですが、一緒に行ったKenta君に「miyukiさん、、わざわざこんなところまで来て、どこでも食べれる焼きトウモロコシはさすがに無いんじゃないですか、、、」という痛烈なコメントを頂きました。美味いからいいんです。

 

 

そうそう、スイーツも美味い。

日本に最近上陸して話題になった、雪氷(ソルビン)の明洞店へ行ってきました。

image2(1)

image image

めっちゃ高いのこれ。1000円弱したイメージ。

 

 

unnamed1

かき氷がめっちゃさらさら。なんというか、名菓ふんわり名人と同じ触感でした。

 

 

 

 

01

ふんわり名人は私が愛した数少ないお菓子のひとつです。しるこサンドくらい好き。

ポーカーはそこそこで、飯のためだけに、ちょっと韓国へ寄ってもいいかなーとも思いますね。

 

 

 

ピーターという男。

 

アチャサン駅そばのゲストハウスでオンラインポーカーをしながら、ときどきWalker Hillにキャッシュを打ちに行く生活。結構快適でした。かっしーさんに直接質問しながらオンラインできるのもかなり嬉しかった。こういう環境っていいですよね。

10日間ちょいの滞在予定で、その後はロスへ行く計画だったので、今のうちオンラインをしっかり勉強するか~という感じだったのですが、近くにキャッシュを打てる環境があるとやっぱり通っちゃいますよね。

韓国のポーカールームで驚いたのは、レギュラーの弱さです。もはや、レギュラーと言うよりは、毎日来る魚といった印象。全然オッズに合わないドローを追いかけて、ツモって、饒舌に語ります。そして無駄にディープスタック。

また、ハウスプレイヤー(人数が少ないときに入って、プレイヤーが入ったら抜ける調節弁。ポーカールームに雇用されている)もいるんですが、彼らも弱い。

そんなわけで、いつも快適な環境でポーカーができます。

 

常連の中にピーターという男がいました。筋骨隆々としていて、寒いカジノの中でも常に半袖のTシャツ。スタックはいつも500BBでクソルーズアグレなプレイスタイルです。

かっしーさんと、二人で並んで1-2を打っていた時のこと。

ピーターがMPでレイズ15(こっちの人は額がでかい)、CO、BTN、とSBがコールして、かっしーさんがBBで小考。かっしーさんは250くらいオールイン。ピーターも小考して、コールします。

かっしーさんはJJを先にショウして、Tハイボードのフロップが開きました。ピーターは「JJ….shit….」とか言うてます。リバーで最後のQがめくられると「Q….it’s no good」とか言うてます。

ピーターはカードを2枚重ねて、悔しそうにAが1枚だけ見えるようにして表向きに置きました。そして動きません。ディーラーはマックするの?どうなの?という表情。

しびれをきらしたディーラーに催促されて、ピーターがやっとカードに手を触れます。表向きに置かれたAをスススっーとずらすと、その下からもう1枚のAが顔を出しました。

 

一同 「……………………………。」

 

さすがに温厚なかっしーさんもキレそうな顔になって、

「あいつ、フィリピンで同じことやったら銃殺されても文句言えへんぞ」って言うてました笑。

 

で、また後日、かっしーさんがピーターとぶつかります。

かっしーさんCOレイズ8、SBコール、BBのピーターが3bet25、かっしーさんコールでヘッズアップ。

フロップQハイボードで、BBがCbet、かっしーさんコール。かっしーさんはAQです。

ターン2、リバー2でピーターのトリプルバレルをコールします。リバーはオールイン要求でした。

ピーターがショウしたのは、72o、、、、。

 

かっしーさんは僕より全然上手いのに、韓国で全然ツカなくてリバイしまくり。韓国語がさっぱりなのに、チップチュセヨ~(チップください)だけやけに流暢になってしまいました、、。同情を禁じえません笑。そして、それからかっしーさんはほぼ部屋でオンライン打ってました。

 

僕も何回かピーターとぶつかりましたが、僕は運が良かったので、ピーターを3-4回はスタックしました。印象的だったハンドはこちら。

僕がUTGでレイズ10、ピーターがEPで3bet45、そして全員フォールドで回ってきました。僕のハンドはAdKs。二人ともめっちゃディープで、エフェクティブは750BBです。さて、どうしよう。

ピーターはこの時、めっちゃティルとしていて3bet率は50%はありました。また、タイトなレギュラーのリンプに55もレイズして、AAでリンプリレイズ400されて、78oでコールして負けたりと、もうむちゃくちゃな状態。

これは、AdKsはバリューレイズしたいな、、、。まー、ピーター僕のこと嫌いだし、Aハイとか好きだから、ドミネイトされてるうんこハンドでコールしてくれるだろう。

そこで僕は、小考してぶちこみました。750BBを全部。

 

ピーターはめーっちゃ悩んで、悩んで、悩んで、悩みました。そりゃそうです。いかにディープでやりなれてるといっても、750BBを入れられた経験は少ないでしょう、、。

で、ついに「オーケー、今日はお前のためにワンモアバイイン買ってやるわ」と敗北宣言?をしながらコール。

フロップはツーダイヤモンドのローボード。ターンでKdが落ちて、リバーにダメ押しでもう1枚Kが落ちました。

ピーターは悔しそうに自分のハンドを何度も何度も見返して、、、、、マック。(これでスローロールだったら殺してた)

 

image

1500BB以上のスタックがズザザーっと運ばれてきます。

 

これは美味でしたね~。

そして、ピーターのチップチュセヨ~という声がルームに悲しく響きましたとさ。Graciasピーター!

 

 

 

Walker Hillへはバスで向かいましょう。安い。

 

ちょっと報告が遅れましたが、無事に韓国へ行って帰ってまいりました。

 

仁川(インチョン)空港からはバスでWalkerHill(ウォーカーヒル)カジノへ移動します。

立地的には金浦(キンポ)空港の方が近いので、そちらもおすすめです。

 

 

image

仁川空港の10番出口へ出ましょう。

タクシーでもWalkerHillへ向かえますが、結構高いのでバnスの方が便利です。

バスは6705番の蚕室(チャムシル)行きです。チケットは写真のチケット売り場か、バスの運転手さんに直接払うようです。

これに乗れば、16000ウォン(1700円くらい)で90分ほどでカジノへ辿り着けます。往復なので、帰国の際もバスは使えます。カジノで尋ねればすぐに教えてもらえます◎

 

 

バスは清潔で結構快適。

image

ロッテワールド、クァンナル駅を過ぎると、WalkerHillへついに到着です。

 

 

カジノでかっしーさんと合流。

到着して早々、トイレが流れなくなって放置してカジノへ来た、という最悪の報告を受けます。。。

アチャサンimage

宿は近くのアチャサンです。カジノまでタクシーで4000(440円)ウォンくらいの距離。電車だとちょっと通いづらい。

 

 

宿は清潔で一泊二人で6000円くらいでした。まあこんなもんでしょう。

近くにモーテルもいっぱいあります。アチャサン駅のそばにももちろん。

現地であった鈴木さんは、「俺はラブホにちょいちょい泊まってたよ」て言うてました。タフっすねー。安く上げたいかたはそちらもおすすめかも。

 

 

image image

かっしーさんとのベッドの距離が気になるところですが、

無事に韓国滞在が始まりました。(トイレは流れました)

 

 

 

 

 

かっしーさんとソウルへ行ってきます。

 

韓国へ行ってきます。10日間くらいの短期間ですが。

カジノはもちろん、ソウルはウォーカーヒルでございます。

 

前回ウォーカーヒルに来たのはサラリーマン時代。

もう3~4年前になるでしょうか。同業他社の友達二人と計三人でギャンブル旅行に来て以来です。

二泊三日のギャンブル旅行、、、、、旅先でかかる、交通費、食費や飲み代など、何か支払いが発生する度に三人で即興のギャンブルをして負けた人が全額払う、という方式の旅行でした。
(さすがにカジノは別会計)

支払いはもちろん三人分です。結構ヘビーですが、それはそれで面白かった。ちょっと外を観光しただけで、ずーっとブラックジャックしてましたね。懐かしい。

 

そんなわけで、思い出の地へ再来というわけです。

 

ウォーカーヒルにポーカー目的で訪れるのは今回が初めて。

ここでポーカーをするのは今まで少し躊躇していました。

 

と言うのも、

・日本人ばっかり
→上手いプロと同卓する機会が増える。時給が下がる。

・テーブル数が少ない
→すぐに座れず稼働時間が落ちる。テーブル選びができない。

・レーキ 10%(キャップ不明)
→胴元が取るお金が多い。利益が下がる。

・レート 1/2USD or 2/5USD
→レートが低い。つまり、時給が低い。

 

こんな話を聞いて、二の足を踏んでいたからです。

近くにマカオがあるのに、こんなルームに行ってもねえ?とも思っていたのですが、航空券が安くて、何よりポーカー仲間が誘ってくれたので、短期でちょっと行ってみようと思った次第です。

 

今回一緒にソウルへ行くポーカー仲間は、かっしーさん。

昨年の秋ごろにマカオでお会いして、それからの仲です。

 

 

かっしーさんの略歴が面白すぎたので、こちらにちょっとご紹介したいと思います。
(以下、Facebookからの転載です。本人の許可は頂いております)

 

**************************************************************

暇だし寝れないから懐かしい話するね。
自分で言うのもなんだが、俺は高校生の時からスロットを完璧に打てた。
今から17年前のスロットと言えばまだ「クランキーコンドル」とかがあった頃だ!!
俺は高校をやめてスロプロになりたかった…。
でもとりあえず高校くらいは卒業しとくか…くらいの感じでいた。
高校三年生の時に三者面談ってあるよね!!
俺は三者面談の時に「スロプロになる」って母親と担任の先生に言ったんだよ!!
そしたら母親と担任の先生が顔見合わせて笑ってたわ。
そりゃ笑うよな!!
そのあとどうなったと思う?
二人とも俺の事を仕方ない奴だなみたいな事言って三者面談終わったんだよ笑笑
そして単位ギリギリで高校卒業!!
ちなみにだがソコソコまともな高校だぜ。
その高校の一番上の奴らは北海道大学に行くくらい…。
んで本当にスロプロになったわけだ!!
今日はここまで。
おやすみ♪

 

本当にスロプロになったわけだが、ただスロット打つだけじゃつまらないから、スロットの雑誌の誌上プロになろうと思って上京したわけだ!!
そして履歴書持って雑誌の出版社に殴り込んだわけ!!!!
そしたらなんて言われたと思う?
大卒以上でないとダメだとよ笑笑
やってもうた~!!!!
東京に部屋まで借りて大卒以上でないとダメだと?
完全にやっちまったよ!!
すぐに部屋は解約できないから、半年スロットやりながら東京住んださ!!
そしたら麻雀にハマっちまってよー!!!!
貯金が200万円なくなって、なか卯食い過ぎて太って北海道に帰ってきたよ。

 

北海道に帰ってきてからもスロットは打ってたよ。
高校卒業してから3年間スロプロしたわけ。
ん?いくら勝ったって!?
軽く家が建つくらいは勝ったよ。
毎日豪遊したり19歳でセルシオを現金で買ったり笑笑
そんなんだからお金なんて貯まる訳もなく、スロプロやめたときにあった貯金は100万円もないくらい…。

なんでスロプロやめたかと言うと、自分の父親が地元の道の駅にソフトクリーム屋をopenさせるって言って、俺にそこの店長をやってくれって頼んで来たのよ。

 

3年間ソフトクリーム屋さんの店長をやったわけだけど、ぶっちゃけ言うと、そんなに楽しくなかった…今だから言えるけど。
当時は頑張ってくれてるバイトの子がいたので、楽しくなくても「楽しいよ」とか嘘をついてたのよ。まあ「楽しいよ」っていつも言ってる人がカッコいいと思ってたから、カッコつけみたいなとこもあったけど…。

社長の息子って事で、最初から割と特別扱いだったし、店の利益がスゴく出ても給料変わらなかったり…。
サラリーマンとしてはおそらく普通の事が自分には耐えれなかったなー。
でも社会人の最低限のスキルみたいな物や、礼儀みたいな物は学べた!!

続く
だからOK!!

 

さて次は何をしたかと言うとだな…
ソフトクリーム屋さんの店長時代から「ダーツ」にどっぷりハマってたのよ。
そんで自分でダーツバーとかやってみたいなーなんて思ってたわけ。
そこでこの本に出会うのよ!!

「毎日が冒険」著 高橋 歩

この高橋さんて人の行動力が半端なくて、俺も見習おうと思ってたのよ。

そんなとき初めてダーツの大会に出場することになったんだ…。
まあ成績は全然良くなかったんだけど、なんか見たことある人がいるわけ、しかもその人はダーツ大会で力がありそうな発言連発してんの。俺は思い出したのよ。

「母ちゃんの弟のSちゃんだ!!!!」

10年くらい会ってなかったけど、近くに寄ってって挨拶したのよ!!
そしたら向こうもすぐわかってくれて、色々話をしたのよ。そしたら名寄と士別でダーツバーを経営してんだと!!マジでビックリした!!
その日は何もなく帰ったんだけど、自分もダーツバーやりたくて仕方なかったから、Sちゃんに電話したのよ。
「自分もダーツバーやりたい!!」って。一から教えてくださいって頼み込んだ訳だ!!
するとSちゃんは快くOKしてくれたんだ。

俺はソフトクリーム屋の社長(実父)に事情を話して、やめさせてほしいと言ったのよ!!
ぶっちゃけ俺がソフトクリーム屋さんから抜けたら結構大変だったとおもうの。
だけど社長は、やりたいことがあるならやった方が良い。って言ってくれてさ。
本当感謝してるわ!!

そして俺の3年間のダーツバー修業時代がスタートするわけだ!!

 

ダーツバー修業時代

さてさて、Sちゃん→Sさんに呼び方も変えてダーツバーで修業させてもらうことになったんだが、これがまた面白い!
何が面白いかって、24年間生まれ育った町を離れると、俺を知ってる人間がいない!
つまり一から俺を育てていかないといけない訳だ!!
今までは社長の息子だからと言うのがあったが、ここにはない。(Sさんの甥っ子だから…というのが通るほど名寄という町は甘い町ではないと思う)
やってやろうじゃねえか!!
と、思ってたら1ヶ月で士別の店の店長が車で事故って死にかけて、俺が転勤!!
士別の店で3年間修業することになる。
いやー最初はねえ、怖かったぜ!!
士別って町自体が縦社会なの!!
今は仲良いけど、Aさん(見た目プロレスラー)が3人で店に文句言いに来たときはマジでビビった!! ビビり過ぎてテンパって腕相撲挑んだ笑笑

あと俺と同い年で士別にKって呼ばれてる奴がいたの。あったことなかったけど、パンチの効いた奴だって聞いてたのよ。
そいつが午前2時くらいに友達二人と来たわけよ!!またその友達二人がプロレスラーみたいな奴らよ!!
俺は腹くくったわ!!
そしたらいきなり来たわ!!
「テキーラ勝負しようぜ!!」
当時俺は酒はクソ弱くて、なるべくなら酒を飲まないでいたかったと思うくらい。
でも、知らない町でなめられたら、自分で店なんか持てねえ!と思って飲んださ!!ヤケクソね。 そしたらKは、もう1杯!! 飲み終わるともう1杯!!の連続!!
気合いで店に一本あったテキーラを二人で飲みきったさ!!
そのあとどうなったと思う?
たまたま客として店に飲みに来てた隣のマスターが「うちの店にテキーラあるよ!!」だって…
俺はKよりもこの隣の店のマスターを殺したいと思ったよ笑笑
でも先輩マスターで尊敬もしてたから、「ありがとうございます」なんつってテキーラ受け取ったさ!!
そして全部飲みきったさ!!
そしてKは腕相撲勝負して俺が勝ったらお会計タダにしろとかふざけた事言い出したわけよ。
俺も頭きて勝負したさ。瞬殺。
テキーラ2本飲んでお会計タダ笑笑
俺はゲロゲロ吐いて死ぬかと思ったよ!!
そしたら次の日の早い時間…
Kが10人くらい友達連れて店に来たわけよ!!
そして「昨日はゴメンな!!」なんつって昨日の会計の倍以上を支払ってやたら静かに帰ってった!!
俺は達成感があったな。
続く

 

まあまあその他にも先輩マスターにちょいちょい嫌がらせとかされたりで、心が折れそうな時期もあったけど、常連さんや、信頼できる仲間も出来て、店の売り上げも割と好調だったのよ!!
そしてSさんに頼んだんだ!!
「士別の店を一旦俺にください」ってね!!
そしたらSさん「いいぞ、深川帰る前にやってみろ」だってさ♪しびれる~!!
それで一年間くらいかな、士別の店で経営者としての実戦の経験も積むことが出来たんだ!!
そして一年間経ったときに深川に帰ってダーツバーやることを決意したんだよ。
でも3年間住んだ町を出るのはやっぱ寂しかったな!!
士別は俺の第2の故郷や!!

 

あ、書いてなかったけど、自分はダーツを真剣に練習してました。毎日毎日何時間も練習してました。負けては練習して、また負けてはさらに練習して…
3年くらい必死で練習してました。
そして諦めました。こいつ(ら)には練習しても勝てないって判断しました。
自分の中では結構な挫折でしたが、自分ができる限りの努力をしても勝てない奴がいる…
これは本当に良い経験でした。

勝負事と真剣に向き合った事がある人にはわかると思いますが…

本当に無理なんです笑笑

逆立ちしても勝てない奴ら。

あっぱれです!!

 

**************************************************************

 

この一連の投稿を初めて読んだときは、一人部屋で爆笑してしまいました。(そして、やすのりさんの経歴を不意に思い出しました)

かっしーさんは、プロテストに合格してダーツプロになりましたが引退。その後ポーカーに出会い、またしてもどっぷりとはまり、現在プロのポーカープレイヤーになっております。

 

かっしーさんて、なんか飄々としているんですが、ものすごくストイックな一面を感じるんですよね。

自分に言い訳できないくらい何か勝負をしてきた人って、独特の雰囲気があります。今まで何人か会ったことがありますが、かっしーさんからも同じ匂いがしました。

僕も、勝負の世界に憧れを持って生きている人間なので、かっしーさんには勝手に親近感を抱いています。

 

やっぱり、人生は一度なので土俵に上らないとね。

 

と言うわけで、

かっしーとウォーカーヒルへGO!

快勝したら、テキーラを一気飲みしてきます。