ライブでパイナップル。

 

昨日、

パイナップル・オープンフェイス・チャイニーズポーカーをやりました。

 

名前が長過ぎなこのゲーム。

海外カジノで結構流行ってて、ポーカー(ノーリミットホールデム)中でも、iPhoneとかでプレイしている人がいます。

日本人の間でもチャイポ愛好家が増えてるんで、これはちょっと勉強しとかないとなといった状況。

 

 

簡単にさらっ〜とルールを説明します。

まず、パイナップル・オープンフェイス・チャイニーズポーカーの前に、シンプルなチャイニーズポーカーってのがそもそもあります。

各々13枚配られたカードで役を作って勝負するゲームです。

 

役の作り方には縛りがあって、

1)トップ3枚、ミドル5枚、ボトム5枚で手を作る。(フロント、ミドル、バックともいいます)

2)トップ<ミドル<ボトム の順で強い手を作る。

 

お互いのカードの組み合わせが完成したら、

せーの、

chinesepoker

じゃん、と見せ合います。

 

左の人は、トップがQのペア、ミドルがKのペア、ボトムがフルハウス。

右の人は、トップが6のペア、ミドルが7のペア、ボトムがフラッシュ。

 

で、

トップ、ミドル、ボトム同士で手の強さを勝負します。

この場合、Qのペア>6のペア、Kのペア>7のペア、フルハウス>フラッシュで左の人の全勝。

 

勝敗の結果は、3勝0敗、2勝1敗、1勝2敗、0勝3敗のどれかって感じになるので、
(同点もありえるけど珍しい)

勝敗やできた役の難易度に応じて、点数をやりとりする感じ。
(全勝6点、ロイヤル5点の計10点とかそんな感じ)

 

 

で、

次に生まれたのが、オープンフェイス・チャイニーズポーカー

チャイニーズポーカーとは違い、カードを表に向けて配ります。

 

まず、

お互い5枚配られて、初期配置。

d42249c494

左の人は、ボトムに7のペアをつくり、ミドルにストレート目を残しました。

右の人は、ボトムに4のペア。AとKをミドルにおいて、Qをトップに配置。

 

 

d42251ff33

この後は、お互い1枚ずつカードが配られ、1枚ずつ配置していきます。

こんな感じにどんどんとスペースが埋まっていく。

 

オープンフェイス・チャイニーズポーカーには、普通のチャイニーズポーカーと違う点がいくつかあります。

 

1)バースト

オープンフェイスも、トップ<ミドル<ボトムの順に手を強くしていかないといけないのですが、手の進行具合によっては、ボトムよりミドルの方が強くなっちゃったりしてします。

その場合はバーストになり問答無用で負け。しかも、0勝3敗になり、相手に6点を払わなければいけません。

例えば、上の画像だと、右側のTonyはトップにQのペアができているので、ミドルでAかKペア以上を作り、ボトムでは4をさらに重ねるか5を拾うかして、ミドル以上の手を作らなければ負けになってしまうのです。

 

2)アウツとポジション

お互いにカードを1枚ずつめくるのですが、順番の前後で情報格差があります。

後にカードをめくれる方は、出ているカード枚数を数えて判断を下すことができます。

たとえば、ハートのフラッシュを狙っていたけど、場にハートが出過ぎているので、アウツ(残り枚数のこと)が少ないから諦めようか、とか。

ポジションは一回のゲームが終わると交代します。

 

3)ファンタジーランド

と、呼ばれる魔境があります。言うなれば確変。魔戒チャンス。

突入条件は簡単で、トップにQペア以上の役を作る事。

ファンタジーランドに入ると何がすごいかというと、、、自分の手札を一度に13枚全部見て、一度に配置できちゃうんです。

つまり、相手が1枚ずつチマチマカードをめくって、頭を悩まして配置し終わったあとに、普通のチャイニーズポーカーのようにいきなり13枚で手役を作っちゃう。

そりゃ強い役ができる。ちなみに、条件を満たせばファンタジーランドは継続します。

 

 

 

そして、

このオープンフェイス・チャイニーズポーカーは更に派生しちゃって、最近人気が高いのが、

パイナップル・オープンフェイス・チャイニーズポーカーなんです。
(やっとここまで来た、、、)

 

最初に5枚配られて、オープンにして配置するとこまでは一緒。

そこからが少し違って、プレイヤーは一度に3枚のカードを引いて、そのうち2枚だけ使う。

つまり、手が5枚→7枚→9枚→11枚→13枚という順に埋まっていきます。

 

3枚同時に見れて1枚捨てれるので、普通のオープンフェイスよりも強い手同士で戦うことになります。

完成する手役ごとにもらえるボーナス点も大きくなり、また、ファンタジーランドにも入りやすくなるのです。

 

まー、勝負が派手でより激しくなった感じ??

ギャンブル性も格段に上がり、ポーカープレイヤーを虜にしているのです。

 

 

まー、何が言いたいかというと、

 

昨日初めてライブでポーカー友達とチャイポのパイナップルやったらファンタジーが連チャンして気持ちよかったよ、あはは〜ってことと、

 

ポーカー前に麻布十番で飲みながらパイナップル・オープンフェイス・チャイニーズについて色々と話してたら、店員さんにパイナップルジュースはありません的な顔をされたっ、、、てことです。

 

 

 

 

僭越ながらPokerStrategy様よりインタビューを受けちゃいました。

 

Screen Shot 2014-07-28 at 14.01.19

「ポーカー無宿の世界旅」- 幸 晋平さんへのインタビュー

世界中を旅しながらポーカーで稼ぐことを生業とする。そんな現代のロードギャンブラーを日本人として実践なさっているのが幸 晋平さんです。その幸さんに、当サイトの Celine Villeneuve がインタビューしました。

 

 

身分不相応にも、あのPokerStrategy様からインタビューを受けちゃいました、、、。

有名プロでもないへっぽこプレイヤーなのに、いいのか???

 

 

 

Miami & Fort Lauderdaleのカジノ情報(遅ればせながら続報)

 

かなり間が空いちゃいましたが、

フロリダのマイアミからフォートローダーデールにかけてのポーカールーム情報です。

この記事の続きっすね。

「平日に5-10USDが打てるところ」を探すべく、色々なカジノに行ってみました。

 

写真がいくつかiPhoneから消えちゃってたみたいで、写真不足のところは画像検索で補ったりしてます。すんません。
(問題あれば削除しますが、まあ商用ブログじゃないしね)

 

 

 

*Isle Casino Racing Pompano Park

IMG_7485

IMG_5604IMG_5616IMG_5656 IMG_5661

ポンパノビーチっていう人気スポットそばにあるカジノ。

他の多くのカジノと同様に、競馬場が併設されていました。

週末開催。結構な人がいらっしゃいました。

 

 

IMG_5665

カジノの二階がポーカールーム。

壇上に20-30卓あって、トーナメント用なのか、手前にもいくつかテーブルがありました。

競馬をしながらポーカーしている人も多く、ときおり歓声があがる感じ。

 

 

IMG_5709

5-10USDはいつも2卓くらいは立ってました。

2-5USDなら一日中打てる。

5-10USDは、上手いプレイヤーがそんなにいなくて、年齢層も高めでかなり稼ぎやすい印象。

 

印象的だったのが、片腕のプロがいたこと。歳は30前後くらいかな?

彼が一番上手かった。他のカジノでも顔を合わせました。

 

しかし、さらに印象的だったのが、グラサンをかけた陽気な黒人男。

ポーカーの腕は、、、、、からっきし。

「よー兄弟、昨夜は5,000USD負けたぜ」などといつも愚痴をこぼしてました。

数日通ったけど、彼が勝ってる日は一度も無かった、、。

そして、金の無心までされた、、。

「20USD貸してくれ」って言われたけど、5-10USD打ってて20USD借りるって、相当ヤキがまわってるなー思いました。完全なギャンブル中毒の動きっす。

 

しかしこの男、何が凄いかって、実は鳥肌が立つくらい口笛が上手い。無駄に。

小鳥のさえずりや、木々のさざめきまで再現度が凄まじかった、、、。マイナスイオンは確実に出てた、、。
(逆に、そこに20USD払えるよって思った)

彼が口笛を吹き始めると、ポーカールームの人たちが辺りを見渡し始めるような腕前でした。

 

このカジノは、鳥の鳴き声が聞こえる日は高確率で勝てます。

 

 

 

*Seminole Hard Rock hotel & Casino

IMG_7486

Seminole族のインディアンカジノ。HardRockと提携しているようでした。

インディアンカジノってのがアメリカには結構あります。

 

 

RALPHNOTARO010710A018

Seminoleでは、カジノの外にポーカー専用のホールがありました。

結構な卓数があって、二階席もある。

また、一階の奥まったところに4卓くらいしか置いてないスペースがあって、そこはいつも5-10USD以上のNLHとPLOが立ってました。

 

 

IMG_5587

何でかわかりませんが、強い常連が多かったイメージ。

いつ行っても辛そうな雰囲気でした。

片腕の男とはここで初めて会いました。

 

 

 

*Gulfstream Park

IMG_7487

gulfstream_03

こちらも競馬場と併設されてるカジノ。

多分広いんだろーなーと思っていましたが、画像検索したらめちゃくちゃ広かった。。。。

 

 

IMG_5628

照明の効果でカジノの外観はムーディーでした。

ちなみに、中は普通、、というか少し古い。

ゴージャスな感じはあまりしなかった。

 

 

todd-p-2

5-10USDは一卓しか立ってませんでした。

それも卓割れしそうな感じで、最後は牟田さんが若いアメリカ人とヘッズアップ(1対1でポーカーすること。ライブは基本は9人でやるので、ちょっとカッコいい笑)をずーとやってました。

 

一方、miyuki氏は2-5USDでまったりプレイ。

癖なのか、チェックするたびにカードが見えるおじさんがいたので、負ける要素皆無の極楽テーブルでした。ゴチ、、。

 

 

IMG_5637

ちょっとさびれたポーカールームなのかな?という感想。

5-10USDは常に立つ感じでもなかった。

2-5USDは結構ぬるい。

 

 

 

*Hialeah Park

IMG_7488

よくわからない場所にありました。相当迷った。

本当にこんなところにあるの?もうちょっといったら住宅街だよ?ってところにあります。

駐車場の入り口とか結構古そうな感じなんですが、、、

 

 

IMG_5699

めっちゃキレイでした。

こちらも競馬場が併設してあるタイプ。

 

 

IMG_5697

ちなみに、木は超しなってた。

 

 

fl-hialeah-casino-082013-jpg-20140703

カジノ内もおしゃれで清潔。

ポーカールームも凄く新しかった。

5-10USDがなかなか立たなくて、2-5USDを打ってたんですが、5-5USDのPLOは立ってました。

PLO人気がじわじわと来てるんでしょうか。

 

 

IMG_5794

データ不足ですが、ぬるくも辛くもない印象。

PLO打てるならいいかも?

 

 

 

*Magic City Casino
(注:音出ます)

IMG_7489

何故か全く写真が残っていないカジノ。

そして印象にも残っていない。。。

こちらもNLHは2-5USDまでで、2-5USDくらいのPLOが立ってました。

やはりPLO人気はあるのかな。

 

 

 

*Miccosukee Indian Gaming

IMG_7490

61689527

インディアンカジノです。Miccosukee族が運営しています。

ずっとミコスケって読んでましたが、発音はミコスキーな模様。

 

ここは、むーっちゃ遠かった。

何もない道をずーっと走って、不安になった頃にやっと到着しました。

 

後に、Foxwoodsに訪れたときに、レイズばっかりしてくる嫌なおじさんがいて、そして少し険悪な感じになってたんですが、

僕たちがマイアミから来たことを知ると「ミコスキには行ったのか?」って聞いてきて。「行ったよ」と伝えると、「よくそんなとこ行ったな」的な感じで笑われて少し仲良くなりました。

それくらい辺鄙なところ。

 

 

Miccosukee_Resort_logo

ロゴがかわいい。

 

フロリダは湿原がずーっと広がってるようなところで、ワニが多くて。

そういう所で生きてきた部族の誇りを魅せるショーとかやってるみたいでした。

 

 

miccosukee-indian-village

まあ、なんと言うか、こういうの。

 

ポーカールームは1-2USDくらいしか立ってなかったっす。

ポーカーをするために訪れることはないかなーって感想。

カジノも全然流行ってなさそうで、ミコスキー族の将来は大丈夫かいな、、とか他人事ながらちょっと思っちゃいました、、。

 

 

そしたら、カジノの中にKENO(ビンゴみたいなやつ)ルームがあって。

ちょっと覗いてみたら、、、

 

 

IMG_5706

1000人くらい入ってたわ!

ミコスキー族安泰だわ!

 

 

しかし、この光景にはちょっと宗教めいたものを感じましたね。

めっちゃ遠かったけど、これが見れたのは収穫だったかな。

 

 

 

 

 

*総評

車は必須。

2-5USDはどこもぬるそうな印象。

5-10USDを打つならIsle一択。

PLO打てるとチャンスは広がる。

ミコスキーに行くなら社会見学の気持ちで。

 

 

 

 

 

雑感1。

 

IMG_5188

「とりあえずやってみよう」と始めたポーカー生活。

おかげさまで、ようやく二年目を迎えました。

 

 

この一年間で大きく感じたことはいくつかあって、まず、何より自分の凡庸さが一点。

会う人、会う人、トガりまくってて、、、。

努力すれば勝てそうなものから、根本的に勝てないものまで色々な要素がありました。

否応無しに自分の立ち位置を計せられることに。

 

 

また、世の中に結構いい人っているのね、ってのが一点。

自分にとってまーったく得にならないことに時間やお金を割いたりしてくれる人がいて。

それは富める者の喜捨的なメンタリティが根っこにあるのかもしれないけど、、、正直に嬉しかった。

腹くくって本気で何かをやってると、助けてくれる人っているんすね。

 

 

また、上のと矛盾してるけど、世の中には結構悪い人がいるのね、ってのも一点。

小中高大就職と通して、日本でつきあってきた人は、いい人、、、というか、一定基準よりまともな人が多かったんだなと気づきました。

簡単な話で言えば、借りた金は返す、とか、嘘はつかない、とか?

 

 

 

まあでも、総じて助けられた機会が多かった。

「おかげさまで」って言葉よく使われるけど、ただの枕詞としてだけじゃなく、本当に多くの方に助けられて一年生き延びた感じがしました。感謝。

 

 

 

********

 

 

 

一年前に旅を始めたときに、あんまりはっきりした目標は立ててなくて、そして、それでいいとも思っていました。

「◯◯◯万円貯める」とか、「ノバエリートになる」とか、ポーカー界の実情を知らずに、自分で立てた目標に縛られるのも何か違うかなと感じたので。

 

とりあえず一年間、先入観なく色々やってみて、そこで目標を決めようと。 でも、そのときに、いくつか大事にしようって思ったものがあって。

その一つがこれ。

 

1.楽しいと思えることをやる
2.考えながら体験してみる
3.ネットや本などでたくさん勉強する
4.勉強や実戦を繰り返して良いと思われることを積極的にフィードバックしていく
5.3年一生懸命やって結果が出なかったら諦めてほかのことをやるか趣味にとどめる

 

cisさんが言ってたことらしいけど。
(多分前に紹介したかも)

これは一年通して達成できたかな、って思える。

 

 

 

あと、もう一個。

上手い人と(いきなり)同じ空気を吸っちゃえる関係になりたいなってこと。

先日Twitterで流れてきたけど、ほんとこれ。

 

天才をのぞき、普通の人がトップレベルにいくにはトップレベルにたくさん触れることで、そこで常識とされることに自分が染まってしまうのが一番早い。人はすごいことをやって引き上げられるというより、〝こんなの普通でしょ〟と思うレベルの底上げによって引き上げられると思う

 

これは陸上の為末大さんの言葉でした。

 

 

 

*****

 

 

 

8月から取りあえずマカオに三ヵ月行ってみます。

最近、「世界旅行してなくない?」と牟田さんに言われましたが、、、、図星です。

 

今の状況を直裁的に表現するなら、このブログタイトルは、

「残金***万円。ポーカーでマカオとベガスを行ったり来たり 〜たまには別の国にもいくよ〜」

になってしまいますね。無宿ですらないですし。
(まあ、このまま行きます)

 

 

次の一年の目標にしたいことは、より高いレートで勝負するってこと。

そうなると5-10USD以上となり、マカオかアメリカ(べガスやロスや東海岸あたり?)に場所は限られてきます。

10-20USDを打とうと思うと、全然実力不足なので(5-10USDでも背伸びしている状況なので)オンラインキャッシュの修行が必須です。そして、全然バンクロール不足なので、まずは5-10USDで稼がないといけません。

アメリカはオンラインポーカーが禁止されてるので、まあとりあえずマカオかなーという感じ。

 

 

ちなみに、マカオには横澤くんと行く予定。

横澤くん、、、ヤバい男です。
(彼のヤバさがわかる記事1記事2

 

 

 

 

 

(続きそう)

 

 

 

来年のプラン、どないしまひょ。

 

IMG_2810

昨年の7月18日から旅を始めてもうすぐ一年になります。

 

もっと色々と心労のたまる旅になるかと思いきや、案外そうでもなかった。

この一年間を通して「嫌だな」「辛いな」なんて思った日は、合計で10日間もなかったと思う。

 

355/365。

実に97%近くは充実した毎日を送れたって思うとすんごいよね。

たぶん来年も充実した幸せな毎日になるし。

 

 

 

さて、次の国に出発する前に、決めなきゃいけないことが二つあります。

 

◉来年のプランをどうするか

◉一年経ったし、そろそろこの三年間の目標を決める

この二つ。

 

 

来年のプランは、実は二通り考えてみてます。

 

[A案]マカオとアメリカを往復しつつ間に他の国をつまむ。

今後も5/10USDを基本的には打ちたいんだけど、そうなるとアメリカかマカオの二択になる。

どちらもビザ無しで90日間滞在が上限だから、交互に行き来するのがベストっぽい。

で、この二国の往復だけだとつまらないので、行き来する際に他の国にも寄ってみるっていう生活。

 

とりあえず行きたい国は、

韓国(アングラも)、カンボジア、フィリピン(リュークが8/1にお店を出すらしいので再訪)、シンガポール(マカオで知り合ったBryanが旅に出るらしいので、行ってもいかなくてもって感じ)、バリ島(観光)、オーストラリア、ニュージーランド、インド、エジプト(観光)、ロシア(観光)、カナダ。まだ全然情報を集めれてないけど、ヨーロッパ、南米、西アジア、アフリカのポーカー打てるとこも全部いきたい。

アメリカやマカオ以外は長期滞在せずに、旅費と生活費とお小遣いが出る程度にポーカーする感じ。

 

 

[B案]いっそのこと移住しちゃう。

語学を本格的に習得したいので、語学学校からビザを出してもらってとりあえずアメリカに住んじゃう。

免許取って、車買って、家借りる。

 

第一候補はロス。

ロスとコマースの間くらいに住んで、昼はロスで学生、夜はコマースでポーカーで、ときどきビーチいったりする生活。

ロス在住のジャーナリスト友達のもとで、編集補助のようなこともしたい。多分アメリカに詳しくなれる。

ロスに飽きたら別にべガスでも東海岸でも語学学校はあるだろうし他の州へ移動。

 

アメリカに一年いなくても、「英語もう大丈夫だわ」ってなったら今度はマカオに移動。

ここでも語学学校に通いながらポーカーする。

「中国語ももう大丈夫だわ」ってなったら、スペイン語圏にいくか[A案]にシフトする。

 

 

 

 

人生で5カ国語くらい話したい。

狙ってんのは英語、中国語(マンダリン)、スペイン語、タガログ語、韓国語。

 

 

まだ色々と決めかねているので、助六でも食べながら考えます。

三年間の目標はまた次回!

 

 

 

アメリカ周遊89日間から帰国。収支報告です。

 

89日間のアメリカ滞在から帰国しました。

成績は振るいませんでしたが、一応ご報告します。

 

 

まずここまでの成績のおさらい。

 

 

◉ラスベガス前半戦(4/3-4/29)

221時間

+8,765USD

時給+39.66USD

 

◉マイアミ(5/1-5/7)

48.75時間

+8,458USD

時給+173.5USD

 

◉フィラデルフィア(5/8-5/11)

21.25時間

-3,363USD

時給-158.2USD

 

◉メリーランド(5/12-5/13)

19.5時間

+2,044USD

時給+104.8USD

 

◉アトランティックシティ(5/15-5/18)

40時間

-4,002USD

時給-100USD

 

 

【小計】

べガス前半戦-アトランティックシティ(4/3-5/18)

350時間

+11,902USD

時給+34USD

 

 

 

ここに、フォックスウッズとべガス後半戦の成績を追加します。

 

 

 

◉フォックスウッズ(5/20-5/31)

*2/5USD(NLH)

Screen Shot 2014-07-01 at 4.19.25

1.75時間

-416USD

時給-237.7USD

 

 

*5/10USD(NLH)

Screen Shot 2014-07-01 at 4.19.35

128.5時間

+9,536USD

時給74.2USD

 

 

合計

130.25時間

+9,120USD

時給70.0USD

 

 

 

◉ラスベガス後半戦(6/2-6/28)

*2/5USD(NLH)

Screen Shot 2014-07-01 at 4.24.36

0.5時間

-176USD

時給-352USD

 

 

*5/10USD(NLH)

Screen Shot 2014-07-01 at 4.24.57

110.75時間

-900USD

時給-8.1USD

 

 

*10/20USD(NLH)

Screen Shot 2014-07-01 at 4.25.05

3.25時間

+2,224USD

時給684USD

 

 

合計

114.5時間

1,148USD

時給10.0USD

 

 

 

【小計】

フォックスウッズ-べガス後半戦(5/20-6/28)

244.75時間

+10,268USD

時給41.95USD

 

 

 

 

89日間すべての成績を合計すると、、、

 

 

 

 

【合計】

594.75時間

22,170USD

時給37.28USD

 

 

 

うーむ、時給40USDを下回ってしまった。。。

べガス後半戦の5/10USDが辛かったっす。110時間打ってマイナスだったからなー。

 

 

東海岸の調査という経費のかかるコース選択だったため、手残りもそんなに無かった。

まあ経験は蓄積できたし、必要経費と割り切って次の国にいってみますか。