クジラを倒せ! その2

 

その1はこちらっす。

 

 

◉12/25

この日は、SOLAIREという新しくできたポーカールームに向かう予定でしたが、出撃直前に韓国人のポーカー友達Lionから連絡が入ります。

「ブランドが100-200-500のテーブルが立つよ」とのこと。

ミニマムバイインが50,000ペソなので、最低でも11万円ないとテーブルに座れないレートです。

二人して行くか迷いましたが、そのポーカールームは(有名ですが)まだ行ったことがないことと、Lionをまだ完全に信用していないので止めることにしました。

 

当初の予定通りSORAIREに到着。

テーブルは4卓で、50/100と100/200が立っています。僕らは50/100に座りながらテーブルが空くのを待ちます。

しばらくして一席空いたので、先にjjが100/200に移動。僕は依然50/100で待ちです。

 

まだ空かないかなーとか思って待っていると、僕の座っている50/100に、ジャケットを羽織った30歳くらいの中国人(以下・若チャイナ)が入ってきました。

50/100のテーブルの上限は100,000ペソなんですが、なんと200,000ペソ持っています。

ディーラーが彼に注意すると、他のプレイヤーは「いいじゃん、いいじゃん」といった雰囲気。

ですが僕は拒否して100,000に制限させます。どんな人か分からない相手にディープでしかもポジションを取られた状態で座って欲しくなかったので。

 

しかし、この決断が明らかに間違いだったことに程なくして気づきます。何と彼はアキカモ(誰の目に見ても明らかなカモ)だったのです。。。

 

レイズは毎回30-50BB!

つまり、150ペソしか入ってないポットに3,000-5,000打つわけです。それもかなりの頻度で。

しかも、フロップ以降も打ち続けるので、インプライドオッズも相当あります。ハイペアでリンプリレイズしたら楽にダブルアップできるような状況。

若チャイナのキャラクターを知っていたからこそ、みんなは彼のスタックを認めようとしていたのでした。

 

初めはラッキーでチップを増やしていた若チャイナですが、案の定、段々とチップを減らし始めました。

僕も取りたいところですが、手が入らず待ちの状態に。こういうマニアックが相手のときは確かな手で突っ込むに限ります。しかし好機がやってきません。アキカモが他の誰かに食べられているのを見るほど、じれったい時間はありません。。。

 

そんな折、

100/200が空いたとフロアに呼ばれました。ここに留まろうかとも思いましてが、ウェィティングリストの僕の名前の下に、若チャイナの名前がありました。

僕が50/100に残る判断をしても彼が100/200上がってしまうだけで同卓はできません。そんなわけで、100/200で彼の到着を待つことにしました。それまで死ぬな若チャイナよ。。。

 

100/200では、3番のシートに着席。スタックをちょっと買い足して、30,000ペソ(約6.5万円)。jjは7番にいます。多少勝ったのか、jjは60,000ペソほど持っています。

9番の韓国人の若い男は顔見知りで結構上手い。6番のマスクをした韓国人も(てか韓国人ばっかだなマニラは!)上手いとのjj情報。二人とも100,000-150,000ペソほど持っています。彼らがこのテーブルの勝ち組でしょう。

5番の50歳過ぎの中国人(以下・老チャイナ)が何でもコールしちゃうコーリングステーション系のアキカモ。若チャイナの友達?っぽいです。老チャイナは既に100万円程度は吐き出しているんじゃないでしょうか。彼にみんなが狙いをつけています。

基本的に、老チャイナはプリフロの2bet&3betまではついていくので、こちらも手を絞って参加することに。何度か上手く手がかみ合って、こちらのスタックは増加。最後にセットを作って老チャイナを撃沈します。結局、若チャイナも50/100で全額溶かしたらしく。遂に100/200卓に現れることはありませんでした。

この時点で僕のスタックは50,000ペソ程度。

 

これでテーブルに狙い目がいなくなった状態。その後、利確のためかもう美味しくないと思ったのか、9番の若い韓国人が離席。そこに新たなプレイヤーが着席します。

彼は40過ぎの韓国人(以下・パク)。

パクもかなりマニアックなプレイヤー。スタック200,000でマネープレッシャーを使ってガシガシと打ってきます。

 

もうちょっと続きます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です