クジラを倒せ! その4(終わり)

 

その1はこちらっす。

その2はこちらっす。

その3はこちらっす。

 

 

◉12/25の続きの続き

40過ぎの韓国人(以下・クジラ)は、いきなり200,000のスタックで入ってきました。

本来100,000が上限なのですが、みんな自由すぎます。

 

そして、

なんと4ハンド程度で破産しました!!!!!!

 

というのも、毎回参加でプリフロレイズは50BB、フロップ以降もとにかくオーバーベット。そして、すぐに200,000買い足す。この繰り返しなのです。

そう、彼もまた正真正銘のアキカモなのでした。

 

マイクは彼のことを知っているのか、コソコソと自分のスタックを足しています。気づけばマイクのスタックは500,000くらいに。

そして、いつのまにか「10K-100K」だったバイイン表示が「10K-NoMax」に変わっています。こ、こすい。。。

 

しかし、マイクはなかなかクジラを捕らえきれません。クジラはラッキーで36oのランナーランナートリップスなんかを作っちゃって、マイクはAKを叩きつけたりと相当ピキピキした雰囲気。

 

怒ったマイクはオートストラドルを提案します。僕らはショートスタック戦略なんで、デッドマネーが増えるしまあ、大丈夫かなと。しかし、レートがとんでもないことになっていきます。

 

最初、100-200ペソだったのが、そこからオートストラドルで100-200-400にアップ。

しかし、しばらくして「400だとお釣りが面倒じゃね?」との鶴の一声で100-200-500にさらにアップ。

クジラが放出したチップのためテーブル全体のスタックがディープになると、負けを取り戻そうとクジラはさらにレートをアップ。

そして、なんと200-500-1000に。ちなみにダブルストラドルもトリプリストラドルもありで、なんとオプション付き。

結果、200-500-1000-2000-4000のクレイジーブラインドに。リンプするのに日本円で1万円かかる状態になりました。
(この状態になって、マスク韓国人は利確しました)

 

クジラはスタックを買い足し、1,000,000ペソくらい持っています。マイクも負けずに同額ほど持ってプレイ。僕とjjは100,000ペソ程度です。

クジラは、全てのハンドで50BBにレイズした上に、こちらのレイズには全てに3betを被せてきます。つまり、こちらは4betできるハンド、AA,KK,QQくらいしかつっこめないのです。俄然タイトにプレイすることになります。

 

しかし、最強のハンドAAであっても、80%強の勝率しかありません。

こちらはバッドビートを一度でも引けば終了なのを知っていて、おそらく無限のバンクロールを背景に「お前らがバッドビードを引いて死ぬまでやるぞ」体制なのです。
(あとで聞いた話ですが、彼はホテルのオーナーらしいっす。そりゃ金あるよね)

 

結局、僕らはプレミアムハンドで何度かショブ!

運良くクラックされず、スタックは僕が200,000、jjが300,000あたりまでいきました。

 

このままやっても、延々とレートを上げられるのと、マネープレッシャーのため最適のプレイができなくなってしまうのと、相手にとって一番嫌なのはこちらの利確だと思ったので、このあたりで切り上げることにしました。

 

そんなわけで、最近の収支は急上昇しています。

 

jjは、

「おそらく最適戦略としては、相手の100%オープンレンジに対してエクイティのある上位20%程度のハンドでプリフロップオールインを繰り返すことだったと思いますが(ちなみにオールインにもかなりライトにコールしていました。50万円ぐらいのオールインをA5sで受けていましたし、20万円ぐらいなら63sでもコール)、あとはこちらが分散とリスクをどこまで許容できるかですね」

と言ってましたが、僕は分散を認められないバンク状況のため、ショートスタックで入ってダブルアップを繰り返し、かなりのスタックになったら抜ける、というのが最適っぽいです。

 

 

Wチャイナは連日出撃中。

パクとクジラはたまに現れます。

 

 

肉を削ぐだけじゃなく、クジラを一本釣りしたい!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です