中国語をこう勉強してみようと思います。

 

中国語、難しいですがちょっと挑戦中です。

やってみた感じ、これは大変オッズがいい言語だなーと思いました。

 

 

まず、中国語を使ってる人口が多い。

使い所が沢山あるのは勉強する意欲が上がります。

 

そして、日本人は漢字を知っているというアドバンテージ。

たとえば、困难(困難)、车(車)、学习(学習)とか、発音が違うだけで、意味も漢字も日本語と同じです。

こういう単語がかなりあります。

日本語の漢字でも、「皇」って「すめらぎ」って読むんだなーって発見したりしますが、中国語の学習はそれに近い感じがします。中国語バージョンの読みが一個増える、くらいの感覚で語彙が増えていくのです。

 

 

役に立つかどうかわかりませんが、

自分なりにこういう風に勉強してみようかな、ってのをちょっとまとめてみましたのでご興味があれば。

 

 

 

1)超簡単な文法書を読む。

挫折のしようのないめっちゃ簡単な本を読みます。ペラペラのうっすい入門書。

四声、人称とか、是(be動詞みたいなやつ)とかの基礎を覚える程度。

 

 

 

2)語彙を増やす。

IMG_0318

IMG_0369

 

このアプリがおすすめです。

・オフラインで検索できる(英語だけど)

・オフラインで発音を聞ける

 

 

IMG_0371

アプリの起動時にデカデカと「魚」と表示されるので、ポーカールームで使うと複雑な心境になります。

 

 

IMG_0319

便利なのが、ブックマークのインポート。

「Bookmarks」→「Import/Export」→「Install Premade Bookmarks」で単語帳をインポートできます。

 

 

IMG_0320

IMG_0321

単語にレベルが設定してあって、頭から順番に覚えていきます。

例文が充実してていい感じ。

 

 

 

3)超簡単な文法で、覚えた単語を使う

ポーカールームや街中で。

TwitterやFacebookなどのSNSの投稿は、すべて中国語を併記してみたり。

多分ここまでで意思疎通はできそう!

 

 

 

4)難しい文法書を読む

基本的には文法は適当でいいと思うのですが、一応おさえで。

カタカナ中国語で、デタラメ文法で最初はいいと思うのです。

 

 

 

とりあえずマカオ滞在中は、ひたすら単語の記憶と実践を繰り返してみます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です