Bが仕掛けた黒い罠!! 「ジャンケン必勝法」は存在するのか?

 

509049

ポーカー仲間でちょっと話題になった話をここで。
(マカオキャッシュの申し子、名前からして香港ドルなHKDさんありがとうございます)

 

******************************************
【問題】

AとBとCの3人で焼肉を食べたらお会計が9000円だった。

自分はA。

ここで、Bが「会計はジャンケンで負けた人が払おうよ」と提案。

AもCも同意しました。

 

さて、ジャンケンするぞ、という段になって、BがA(自分)に、

「俺とお前は内緒で同じ手を出そう」とこそっと耳打ちしました。

Bは実はCのことが嫌いで、彼をはめて会計を多く払わせたいらしいのです。

 

 

 

b

さて、同じ手を出してCをはめようとするBの黒い企みは期待値的にプラスなのでしょうか?

 

★条件
・A、B、Cの3人がじゃんけんして負けた者が9000円払う。
・AとBは共謀していて、同じ手を出す。(あいこの場合は何度も同じ手を出す)

 

 

それでは解答、、、、の前に、

上記の問題の別パターンも考えてみましょう。

 

 

******************************************

【問題その2】

AとBとCの3人で、3000円ずつ出し合って、ジャンケンで勝ち抜いた人が9000円を総取りしようというゲームをしました。

もちろん、こんなゲームの提案者はBです笑。

自分はA。

さて、またもジャンケンするぞ、という段になって、BがA(自分)に、

「俺とお前は内緒で同じ手を出そう」とこそっと耳打ちしました。

みなさんご存じのとおり、BはCのことが嫌いで、彼をはめて一円でも多くお金を払わせたいのです。

 

 

Plan A und Plan B
さて、同じ手を出してCをはめようとするBの企みは期待値的にプラスなのでしょうか?

 

【条件】

・A、B、Cの3人が3000円出し合ってじゃんけんする。

・勝ち抜いた者が9000円もらう。

・AとBは共謀していて、同じ手を出す。(あいこの場合は何度も同じ手を出す)

 

 

みんさんのご意見をコメント頂けると幸いです。

 

 

「Bが仕掛けた黒い罠!! 「ジャンケン必勝法」は存在するのか?」への3件のフィードバック

  1. 共謀ジャンケンをすることでCはヘッズアップ1本勝負をしていることと同じになり、Cが敗者(勝者)になる確率は50%

    3人ジャンケンよりも100人ジャンケンで考えるほうがイメージしやすく、敗者を決める総払いジャンケンならC以外はEVプラス、逆に勝者を決める総取りジャンケンならEVマイナスだと思う

    朝方ポーカー終わりに吟和ってゆう喫茶店にみんなでご飯食べに行って支払いジャンケンをするのが懐かしい、大阪のポーカーあるある

  2. その1は成功、その2は失敗
    その1は皆何も考えてなければ、人数が多いほど払う額が少なくて済むのに、Cだけにとって1対1になるから
    その2は皆何も考えてなければ、人数が少ないほど期待値が上がり、Cにだけとって1対1になるから

    って感じだと思うけど、その1はあえてこれが正解になる問題に出すのか?って疑いたくなって、最初に結論出してから数分考えたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です