Butterfly

 

いよいよ大技の「Butterfly」(バタフライ)です。

この技は習得するために丸三日かかりました。

これができれば、チップ捌きはかなりサマになりますね。

(そんなことよりポーカーの腕を上げろって話ですが)

 

 

 

 

IMG_4308

チップを4枚、こんな感じに。

 

 

IMG_4332

横からのアングルで解説していきます。

 

 

IMG_4333

親指で紫側2枚のチップを持ち上げます。

人差し指が支点に。中指は触ってなくてもいいくらい。

 

 

IMG_4334

紫側の2枚は親指と人差し指で、黒側の2枚は小指と薬指だけでキープ。

 

 

IMG_4335

自由になった中指は、二組チップの間を通過させます。

 

 

IMG_4336

するり、とね。

 

 

IMG_4337

中指に向かって働くように、人差し指と薬指から力を入れます。

ここで重要なのが以下の2点です。

(1)紫の上側のチップと、黒の下側のチップに対して、中指が十分な摩擦力を持っているか

(2)親指は紫の下側のチップに、小指は黒の上側のチップに十分な摩擦力を持っているか

 

特に、中指は2枚のチップに同時に触れているので難しいです。

また、小指も指の爪側が当たりやすくて、慣れるまでは大変だと思います。

 

 

IMG_4338

チップを開きやすいように、親指の爪で紫のチップの下側をつかみます。

小指は爪に当たらないように、ギリ爪の下くらいが個人的にベスト位置。

 

 

IMG_4339

あとは摩擦力を保ったまま、中指・親指・小指を外側に開いていきます。

 

 

IMG_4340

ぐぐぐっと。

 

 

IMG_4341

はい、開きました!

 

 

この技はとっても難しいので、別アングルから再度解説します。

IMG_4351

まずは最初の位置から。

(上下のチップの色が入れ替わってますね。すいません)

 

 

IMG_4352

人差し指を支点に、親指で持ち上げます。

中指が触れているのこの瞬間くらい。

 

 

IMG_4353

黒2枚は親指と人差し指、紫2枚は薬指と小指で支えます。

 

 

IMG_4354

自由になった中指は、二組のチップの間を抜けこの位置に。

 

 

IMG_4355

ここが、ポイントです!

 

 

IMG_4348

こんな形になれば大丈夫。

チップ4枚を同時に開くには、それぞれ力がかかり合う指同士が、直径の位置に来ている方がやりやすいと思います。

この位置なら、人差し指と薬指は、中指にも十分に力を伝えれますし、

親指と小指に対してもそれぞれロスを少なく力を届けることができます。二日目くらいに気づきました。

(このときに、親指は黒チップの下側に爪を当てておくと開きやすくなります)

 

 

IMG_4356

あとは、力が逃げないように、、、

 

 

IMG_4357

ぐぐぐ、、、

 

 

IMG_4358

僕は小指がちょっと遅れますが、

 

 

IMG_4359

無事に開きました。

 

 

 

Butterflyができると、かなり嬉しいです。

かっこいいですしね。

 

去年マカオで、イケメンの白人がハイレート卓に座っていました。

彼は右手でButterflyをしながら、左手でThumb FlipからのChip Twirlをしながら10秒くらい考えて、

相手のレイズに200万円をオールイン。これは最高にかっこ良かった。

 

 

相手は悩みながらもコール。

結局彼はAAで相手はKK。

 

 

フロップにK落ちてたけど。

 

 

 

 

ポーカープロ6年目。28歳で脱サラした33歳。4年間の各国放浪を経てアメリカで結婚・永住権取得・定住・起業しました。 Los Angeles在住ですが、 Las Vegasでシェアハウスをやっています。面白いことを仲間とガチャガチャやる!♠️🎰🎴🎮🎱🎲 愛犬と前職(漫画誌・写真週刊誌の編集)と副業(貿易)の話題もボチボチ。