5/5で100時間ちょいで時給20BBコース。LAゴチ。

 

ここ二週間くらいレートを下げて5/5USD(だいたい6万円ちょっと持ってテーブルに座るレート)を打ってるんですが、エクスプロイット力(弱いプレイヤーから搾取する力)が上がってるのを実感する。100時間で現在時給100ドル!まー、さすがに上ブレてるんだろうけど。思えば、ここ半年、月単位の収支が150万円を下回っていない。負け越した月も初年度以外はない。本当に上達してきた。

 

と、同時にキャッシュゲーム(フリー雀荘みたいに、カジノで同卓した人とお金を取り合う形式)のみを打ってることに凄く危機感を感じる。もちろん絶対的には上達するんだけど、相対的にライバルに離されている気がする。

 

アメリカで三ヶ月キャッシュゲームを打つということは、はっきり言って空白だと思う(アメリカではオンラインポーカーが法律で禁止されている。オンラインがポーカー界の最先端)。時間を切り売りしているだけで、スキルが摩滅してしまう。成長に割く時間を多く取らないと頭打ちしてしまう!

なので、ポーカー中は集中力をいくらか削いででも必ず座学。実は毎日自習室にいる気分でポーカーをしている(ポーカーのカードが配られてくる機能がついた自習机をイメージして頂きたい笑)。テーブルではコーチング動画をずーっと観賞。英語も勉強できるし一石二鳥と思いたい。

 

しかし、コマースに来るのもこれで二年目か。このカジノでのトータルプレイ時間は1200時間はゆうに超えているだろう。常連の友達も増えて、結構気さくに声をかけてくれる。「帰ってきたのかー!今度はどれくらいいるんだ?」的に。インディアンのボビィ、中国人のメイスン、アフガニスタンのフレッドなど、出身も背景も様々。まだまだ英語が下手な僕が彼らとポーカーを通じて会話できるのは嬉しい。笑顔でめっちゃブラフもかますけど笑。

image

 

 

 

ところで、ポーカープレイヤーは、無駄に学歴が高い人が多いなーと最近思う。今回の旅で一緒に行動しているシンガポール人の二人はシンガポール国立大学。韓国人はコロンビア大学。彼らがガリガリやってるわけだから、漫然と打っている古参プレイヤーはどんどん駆逐されていくんだろうな。木原さんの言葉を借りると、

とのこと。うーむ、納得。私立文系の僕も頑張らないと。

 

ホテルはカジノがあるクラウンプラザホテルに宿泊中。なんと一泊140USD!ここに90連泊くらいする予定。30日間だけでも4200USDか。3人でルームシェアしてるから実質その3分の1だけど凄まじい。でも、移動時間や稼働時間を考慮すると、ここに泊まったほうが断然得。ジムもプールもあるし(行かないけど)、どこかへ出かけるときはチップを渡せばリムジンで送ってくれる。会場のホテル泊も、木原さんに勧められてのことです。

 

しかし、木原さんに会わなかったらかなり違った人生を歩んでいた気がします。そして、諸先輩方の助けと数々の上ブレがなければ死んでいたでしょう笑。人生ツイてます。

 

さて、ポーカーもたまには休んで観光にも行ってますので、その様子もちょくちょくアップしていきますね〜。

 

 

 

image image

image image