深夜特急。



IMG_0819

一年と五ヵ月前、

会社を辞めるという話をしたときに、沢木耕太郎先生の著書『深夜特急』の話を何人もの方からされた。

脱サラして世界放浪──、と聞けばみんな沢木先生の名前が頭に浮かぶらしい。

 

で、

辞表を手に、デスク、編集長、局長を経て、役員の方と面談したときも当然のように深夜特急の話になった。

 

僕は調子に乗って、

「大小やってる時点で沢木耕太郎はぬるいんですよ」

なんて事を言っちゃったんですが、

 

先日、そのやりとりが巡り巡って沢木先生の耳に入っちゃったらしい。

 

だから何だって話なんですが、

僕もぬるいことやってちゃいかんな、と再度思い直すいいきっかけになりました。

頑張ろっと。

 

 

 

 

深夜特急。」への4件のフィードバック

  1. 自分は「深夜特急」好きだけどなぁ。
    昨夜は“ギャンブルしない”木原さんたちと社会勉強をかねた大小をプレーして、みんなで勝ち逃げしたよw

    まぁ、この話のキモは、「会社辞めようとしている人間を引き留めるときに、なんで『深夜特急』を持ち出すんだよ」っていうところで。
    あれ読んじゃったら余計に辞めたくなるだろw

  2. 大小は、期待値を下げるような賭け方を勉強してもらうのに、すごくいいので、初心者をアテンドする際には、まず簡単にルールを説明して、好きなように賭けてもらい、期待値をその場で計算して説明します。
    バカラが小説の題材になることの多い森巣博先生については、どんな感想ですか?笑

    • Philcasinoさま
      コメントありがとうございます!
      大小のくだり、とてもわかりやすいインストラクションですね笑。
      森巣先生は、、、パイガオを初めて知ったきっかけって感じですかね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です