本をとても早く読めるようになると思う。


ずーっと、

「本ってもう少し楽に読めないかな?」と思っていました。

書見台に置いてみたり、タブレットを使ってみたりと色々試しましたが、どうも違和感を感じるんですよね。

これって、紙の本が悪いとか、電子書籍がいいとか、そういう理由じゃなくて、
文章のフォーマットの問題なんじゃないかな?と最近思っています。

どういうこと?

簡単に言うと、縦書きと横書きです。

先日買ったユヴァル・ノア・ハラリさんの最新作を使って紹介しますね。

彼の本はどれも面白いのでお勧めです。

さて、これが電子書籍の表紙です。

これから開く1ページ目を、

(1)縦書き

(2)横書き

の2種類で見比べてみたいと思います。

 

 

(1)縦書き
まずは、定番の縦書きで読んでみましょう。



すっごく読みにくくないですか?

一行を上から下に読み下している最中に、上で何が書いてあったか忘れちゃうんですよね。アホすぎですか?

 

(2)横書き
次に、こちらはどうですか?

さっきの縦書きより読みやすくないですか?

気のせい?

 

2つの比較の前に、
これって、一行の長さが結構影響していそうですよね?

同じ縦書きでも、一行が短い場合はどうでしょうか?

 

(3)縦書き・一行が短い

割と読みやすいですよね。
新聞記事や週刊誌くらいの1行の長さでしょうか。

 

次に、横書きです。

 

(4)横書き・一行が長い

同じ横書きでも、1行が長いと読みづらいですね。

 

結局、
一番読みやすいのって(2)のフォーマットではないでしょうか?

気のせい?笑

 

人間は、目が横に2つ付いているから、左右に視線を振る方が、縦に視線を振るよりも心地よい気がします。

また、得たい情報が視界に全部収まる方が、「今どこを読んでいるのか」などの確認作業が減って、快適に読み進めれるんじゃないかなと思っています。

スマホで読み慣れている型ですしね。

 

・最後に

僕はどうしても横書きで読みたいので、Hontoという電子書籍を使っています。

本ってめちゃくちゃ重要な自己投資だと思います。

読書が苦手な方でも横書きなら読めるかも。良かったら一度試してみてください。

 

皆様の読書習慣が捗りましたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です