鰻が大好きです。+家で美味しい鰻を食べる方法。

 

僕はうなぎが大好きです。

 

東京に住んでいた頃は色々と行きました。

野田岩のフワッとしたうなぎも、愛川のパリっとしたうなぎも、今は大変懐かしいです。

 

中でも印象深かった店が、南千住の尾花。

 

ラズウェル細木さんが描かれた漫画で、『う』っていう作品がありまして。

なんと、ウナギのことしか描かれていない作品です。

(ここにためし読みがあるのでよろしければどうぞ。食べたくなります。)

 

うなぎが好き過ぎて、担当編集でもなかったのに、頼み込んで連れて行ってもらったうなぎ屋。

それが、南千住の尾花でした。

 

うざく、うまき、白焼き、いかだ蒲焼、そしてうな重。

まさにフルコースを堪能しました。
(倶利伽羅焼きあったっけ?)

 

そして、うなぎ屋であんな会計額を見たのは初めてでした。

いかだ蒲焼だけで18000円します。。。

ゴチ。。。

 

ここに尾花の口コミが沢山載ってましたのでよろしければどうぞ。

うなぎでミシュラン1つ星を獲っている名店です。

 

ちなみに、

いかだ蒲焼とは、蒲焼を一皿に並べたものです。

見た目がいかだみたいなので命名されたっぽい。

 

しかし、

ロサンゼルスにはうなぎ屋さんが無いのです!

ラスベガスにも無いんじゃないかな。

 

All-You-Can-Eat (食べ放題)のすし屋とかにはUnagi Rollとかありますが、

僕が食べたいのはうな重です。

 

そこで、

最近は自宅で鰻を蒸して焼いて食べています。

 

冷凍鰻を美味しく食べる方法を遂に会得したからです。

 

参考にさせて頂いたのはこちらのYoutubeチャンネル。

無駄なし!まかない道場(MAKANAI DOUJYOU)

 

このチャンネルは、男の料理教室!

 

食べたい物を見かける度に試しに作っています。

料理のレパートリーが増えるのでお勧めです。

最近は妻より僕の方が料理を作っています。

 

さて、肝心のうなぎの作り方はコチラ。

 

簡単に説明しますと、

材料  冷凍鰻 うなぎのたれ ごはん

一、鰻を解凍してたれを洗い流す。

二、蒸し器で15分くらい、ふっくらするまで蒸す。

三、鰻から出てきたたれを洗い流す。

四、鰻のたれをかけてオーブンでパリッとするまで焼く。
(このタイミングでご飯を炊くといいかも。鍋で炊くと、沸騰してから15分くらいで炊けるので丁度いいです。)

五、ご飯に鰻のたれをかけて、その上に焼いた鰻を載せる。

 

冷凍鰻って、たれに鰻の臭みが滲みだしてしまうんだとか。

それを洗い流すところから始めるわけですね。

 

先日も会費$15で鰻会をしました。

美味そう~!

 

今回は焼きがイマイチ足らなかったので、関東風のフワッとした仕上がりになりました。三重県出身の幸は、皮までパリっと香ばしい関西風の鰻が好きです。

 

ぶつ切りのマグロの山かけと、三つ葉を散らした海老汁。
Mitsuwaの京都物産展で手に入れた漬物を添えました。

 

山椒が大好きです!

実家から父親が自家製の山椒を送ってくれます。

自家製唐辛子も送ってくれます。

父さんありがとう!

 

 

大成功に終わった鰻会。

家で食事会をすると、幼いお子さんがいらっしゃる方も気兼ねなく参加できていいですよね。

食後の雑談で、自分の人生を決めて導いてくれる何かを欲している人が意外と多い、という教訓を得た食事会でした。

 

今度はひつまぶしを作ってみようと思います。

 

 

 

________________________________________________________________

追記

先日、ウェストLAに鰻屋さんができました!

TOKU UNAGI & SUSHI

 

また、行きたい店ができました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です