寄付を募った話。

2018年の5月、WSOP直前にオープンしたラスベガスのシェアハウス。

 

あんま誰にも言ってないけど、

もともとは妻と大喧嘩して、離婚&別居しようとして借りたのが始まりです。

それが今は皆に使ってもらっているシェアハウスになってるんだから、不思議な話ですよね。

 

一度移転をして、現在はWSOP会場のリオの徒歩圏内にあります。

開業から3年、

やっと軌道に乗り始めたかな?というそんなシェハウスが、今大ピンチです。

7月前半まであった予定がすべてキャンセルとなってしまいました。

もちろんコロナウィルスの影響です。

発狂大赤字です。

 

こんな時期に「泊まりにきてください」なんて安易に言えるわけもないですし、

ダラダラと赤字を垂れ流しているわけです。

 

宣伝するわけにもいかんしな~。。。

という心のぼやきが、ついこんなつぶやきとして世に出てしまいました。

友達でお店やってる人も大変みたいです。

世間様同様、うちも例外ではありません。

 

ところが、すぐに連絡を頂いたのですよ。

トシさんでした。

 

「幸さん、寄付を募りませんか?」と。

 

寄付!

 

「いや~、、寄付ですか、、、? 道楽でやってるようなもんですし、さすがに悪いですよ、、、。」

と固辞してたんですが。

 

「いやいや募りましょう!」

と言って言い出しっぺがのトシさんはすぐに結構な額を入金してくれたのです。。

 

そして、

忙しい中すぐにブログまで書いてくれて。。

こんないい人いますか?

 

 

今日は口座を見て驚きました。

こんなにたくさんの方から入金を頂いたんですよね。。。

 

 

さて、

シェアハウスの今後の方針は、このように決めました。

そして、寄付頂いた方へお返事を差し上げました。

 

1月から毎月赤字のため、11月末で一度閉める予定です。

頂いたお金は敗戦処理には使いたくないので、再開の時に使わせてもらいます。

寄付を頂いた方には、頂いた金額分のフリーロールを用意致します!

 

でも、これからシェアハウスっていう業態が復活するのはかなり時間がかかるかもしれないです。
再開の目途が立たないときは全額返金させて頂きます。

本当にありがとうございます。

 

 

なんとか軟着陸をして宿を閉めることになりそうです。

これはお願いですが、

再開をするにしても、撤退をするにしても、きちんとお礼をしたいので、

寄付をくださった方はご連絡先を頂戴してもよいでしょうか?

 

大変恐縮ですが、スクリーンネームやあだ名で覚えている人も多くて、本名だと逆に誰か分からない現象がおきています。

こちらにご一報いただけますと嬉しいです。

shimpeimiyuki@gmail.com

 

 

 

こんな形でお金を頂いたのは人生で初めてです。

やることきちんとやってかないとな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です