アンティークコイン欲しいな~。

 

最近アンティークコインについて調べています。

 

日本風にいうと古銭です。

骨董品屋や蚤の市などで見かけたことありますよね。

 

海外にも古銭付きの好事家がいるのかな、ぐらいに思っていましたが、

世界には300万人を優に超えるアンティークコインコレクターが存在し、珍品奇品を日々競うように集めているのが実勢のようです。

先行き不透明な時代に、上がり過ぎた株から非難するためか、資産の一部をアンティークコインに分散する投資家も増えているんだとか。

 

実は、

アンティークコインについては過去に取材をしたことがあります。

写真週刊誌の編集者だったころに、増刊の企画でアンティークコインを扱ったのですが、その頃から「いつかは手にしてみたい」と思い続けていました。

 

最近ちょとしたきっかけがあったので、勉強用に日本から関連書籍を4冊ほど取り寄せてみました。

目当ての本は、海外発送不可だったため残念ながら購入を見送りましたが、今の自分の知識量からしたら、どの本でもありがたい。

 

日本からロサンゼルスまでは、本の発送は2週間弱かかります。

ま~しばらく待つか、と思ったが待ちきれないので、

関連の動画や収集家のブログなんかを覗いてる有様です。

 

今日は近所のブックオフへ足を運んでみました。

 

なんと、

そこで見つけましたよ、お目当ての一冊。

『カネはやっぱり、アンティークコインへぶちこめ!』です。

 

実はこの本は続編で、

前作の『カネはアンティークコインへぶちこめ!』という本が出版された時に、この本で勉強させて頂きました。

そして、作家の加治将一のお宅へ取材に伺ったことがあります。

加治さんはとても気さくな方で、惜しげもなく秘蔵のコレクションを披露して頂きました。

沢山写真を撮りました。

 

 

帰宅後にパラパラと本をめくっていると、

昔、幸がフライデー時代に取材したことを紹介して頂いてました。

こういう昔の仕事をふと見かけるのって、とても嬉しいですね。

 

その日のうちに早速1冊読み切りました。

コイン購入のイロハをQ&A方式で分かりやすくまとめて頂いています。

これからコインを集めたい、と思っている方には沢山のヒントが載っていると思います。

 

 

*****

 

アンティークコインを調べるようになってから、

身の回りでラッキーや不思議なことがいくつか起こっているので、もっともっと調べていきたいなと思っている昨今です。調べる上で有益だったり、楽しかったりしたことを、シェアできたらと思います。

 

 

日本はまだまだ雪が降ったり寒い季節が続きますが、ご自愛ください。

幸もテキサスで寒波にやられて、舌の根元に口内炎ができて痛いです。

 

ではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です