ポーカー仲間に伝えたい口座の話(2)

 

前回の話はこちらです。

 

前回は、

短期投資口座と長期投資口座を分けた方がいい、という話をしました。

短期投資口座のメリットと、長期投資口座のメリットを両方使うと便利だよ、という話です。

 

安全確認を繰り返しながら、徐々にアクセルを踏んでいく。

これは短期も長期も同じです。

一番大きな違いは、時間との付き合い方です。

時間の影響を強く受けるのが長期投資です。

 

「今は」短期投資用のお金を減らしたくないな、と思う人が多いかもしれませんが、

いつまでたったも「今は」と思い続けます。

こう考えたらどうでしょうか。

毎月の積立が「10ドル」だったら? 超余裕じゃないですか?

将来大きなお金を投資するには、「これなら一生続けれるわ余裕っすよ」という金額(やルーチン)から始めることです。

そして、少しずつアクセルを踏んでいく。

これを習慣化していく感覚です。

 

10ドルの投資で効果が見えてきたら、10ドルでは我慢できなくなってきます。

それからが長期投資の始まりです。

 

「時間は常に私に味方する」GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

長期投資が勝ちやすいのは、

「凄腕トレーダー」と「ボンクラの素人」のどちらにとっても時間は平等なので、

「凄腕トレーダー」に「ボンクラの素人」が一方的に搾取されない、ということが真理かな?と思っています。

株初心者の僕も安心して投資ができます。

 

 

それでも、

短期に集中投資の方がいい!と思った人も多いかもしれません。

それはそれで良いと思います。自分に合った型はあります。自分が信じる道を進んだ方が良いです。

柵の外にいる限り、自分が考えて自分で決めることを1番にすべきです。

助言は常に耳を傾けるものじゃなくて、自分のやり方を続けて躓いたときでもいいと思います。

自分のやり方でやって、そのまま突き抜ける方が気持ちいいですよね!それが天才です。

天才になれる可能性を最初から捨てる必要もないと思います。

 

 

***

さて、

今日はさらに口座を分ける話をします笑。

次は生活口座です。

 

生活口座へお金を割り振ることを嫌がる人は多いです。

これも同じ理由ですが、投資に使うお金が減るからです。

 

福本伸行 銀と金 4巻より

 

僕もそうでした。

どんぶり勘定でした。

食費なんかも、「これは3bbくらいだからいいか」と、ポーカーのブラインドに換算して考えてしまうこともしばしばでした。

100ドル札以外は端数で、100ドル以下の紙幣なら気にせず使おう、という感覚もありました。

 

しかし、

ある日を境にこう考えるようになりました。

投資とは、お金だけじゃない、ということです。

 

良い環境に住む、良い食事をとる、良い睡眠をとる、すべて投資です。

今の生活習慣を始めるようになってから、風邪をひく頻度も減りました。

頻繁に体調を崩しやすいタイプだったのですが、最近は本当に健康になったと思います。

(安宿ばかり泊っていた時にできた、背中の南京虫の跡も消えました)

 

また、生活費をしっかりと確保することで、短期投資にノイズが入ることも無くなります。

 

 

短期投資口座から、生活口座へお金を定額回します。

 

口座を分けることで、お金を使役する感覚を得ることができます。

1つの甕にすべてのお金を入れておいては養えない感覚です。

 

 

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です