欲しい物を手に入れる方法

 

こんにちは、幸です。

前回は物欲をコントロールする方法について、お話ししました。

 

 

自分のためであれ他人のためであれ、

実際にお金を払う、という行為を繰り返せば、衝動は減ると思います、という話でした。

テレビやSNSで、四六時中いろいろな商品を宣伝をされて困りますよね。

 

さて、

欲しい物を手に入れる方法について、僕の考えを紹介します。

僕自身、この方法を使っています。

自分も人も喜ぶ方法なのでシェアします。

 

 

欲しい物を手に入れる方法

物欲をコントロールしたとして、それでもなお欲しい物ってありますよね。

もはやそれは、あなたにとって必要な物なのかもしれません。

 

必要なものなのであれば、どうにかして手に入れたいものです。

すべてを我慢する必要もないです。

 

一般的に流通している物に限りますが、手に入れる方法があります。

簡単に言うと3ステップです。

 

 

欲しい物に詳しくなる

その商品の魅力について考えます。

他の商品と何が違うのか、どこに愛着を感じるのか。

代替品ではダメな理由を、できるだけ詳しく考えてみてください。

そして、

その魅力について文字にまとめてみましょう。

箇条書きでも、魅力が伝わればOKです。

 

 

値札を付けて売る

仕入れや送料をまかなえて利益が出る、という販売価格を考えます。

そして、速攻で売ります。

そこに、先ほど考えた商品の魅力を添えてみてください。

立派な売り文句になります。

 

 

手元に余る=手に入る

一定の確率で不良品が出ます。

売り物にならない不良品でも直せば使える場合があります。

直すことに成功すれば、欲しい物が手に入ります。

また、

不良品の中でも、使用上は全く問題がないけど、売るには少し問題がある、という商品も多いです。

通常、このような商品は「二次流通」へ流します。
(中古品販売やオークション販売ですね。メルカリやヤフーオークションをイメージしてください。C to C)

この二次流通でも売れ残る商品はあります。

こちらもまた、手元に残ります。

 

不良品は一定確率で発生するものとして、不良品率を加味した経費を、予め販売価格に転嫁するようにしておけば良いです。

20個のうち1個の確率で不良品が出るのであれば、残りの19個の販売額に乗せておけば全体としてプラス、という回し方ですね。

 

物を回しきる、ということ自体がそもそも難しいので、

手元に残る=手に入るわけです。

 

 

***

先に仕入れるか、

売れてから用意するか、

価格はどうするか、

納期はどうすか、

配送はどうするか、

 

売れてくると自然と整理されてきます。

 

どのような方法であれ、

お客さんと交わした条件を守り、無事に届けて、お客さんに満足してもらったら成功です。

人の課題を解決するサイクルを回した粕として、自分の手元にも幾ばくかのものが残ります。

その一つが欲しかった商品です。

この繰り返しです。

 

 

***

「日本の商品で、安く仕入れれるところなんてないよ?」

「価格差がない物はどうするの??」

 

その商品が流通していないところへ売ればいいと思います。

日本国内に限らず海外に売ってもいいです。

売り文句を現地の言葉に翻訳して、配送費や関税を調べて乗せればOKです。

自分が本当にいいと思う商品なら、胸を張って売ったらいいと思います。

日本企業がずっとやってきたことです。

 

また、

その商品を紹介する情報を売ることもできます。

宣伝文句を書いたブログやYoutubeを用意して、販売サイトへ勝手に案内したらいいと思います。

そして、

「自分のところ経由でこれだけあなたのサイトへお客さんを呼んでますよ」というデータを集めます。

販売サイトとWin-WInの関係を結べたら、報酬を引き出せると思います。

アフィリエイトというと変な印象を持つ人が多いですが、オンライン上の営業活動です。
(実店舗が減少していきオンライン流通へ移っていく中で、アフェリエイトへの偏見も無くなると思っています)

 

お金をもらってから働かなくても、先に働いて交渉してもいいと思います。

やり方は、いくらでもありますよね

 

 

***

最近、こんな感じで商いについて考えることが多いです。

このブログを読んでくれている方の多くは、ポーカーの記事がヒットしてここにたどり着いた方だと思います。

こんな駄文を最後まで読んでまで情報収集をしようとするくらいですから、何かを学ぼうとしている熱心な方だと思います。

 

僕は長年ポーカーをやってきましたが、

ポーカーで学んだことを、自分一人の収支の浮き沈みに使うのは甲斐がないと痛感して実業を始めました。

メンタルコントロールも、バンクロールマネージメントも、バリューベッドも、

ポーカーで学んだ知恵をふんだんに使えるのが実業です。
(ブラフはダメですよw)

また、ポーカーでは学べなかったものを沢山学べるところでもあります。

 

実業の情報を発信することで、

日本の良い物を海外にガンガンと売ってくれる人が現れるといいな、とちょっと日本愛を込めながら書いています。

誰かの心に残り、行動につながったら嬉しいです。

 

 

続きます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です