ビリヤード女子世界選手権。フィリピン人は目が肥え過ぎ。

IMG_4048

RWM(リソーツワールドマニラ)の二階で、ビリヤードの女子世界選手権が行われていました。

 

最近の世界大会の流行は、9ボールから10ボールになっているので、この大会も10ボールでした。

ちなみに、構えているのはアリソン・フィッシャー(英)。

 

 

 

トーナメント表はこんな感じです。

ちょっと見にくくて恐縮ですが。。。

IMG_4062

 

これは参加者リストでしょうか?

IMG_4073

日本からも梶谷プロと夕川プロが参戦していたようです。

 

 

 

僕は中国のパン・シャオティンがお気に入りなんですが、、、

と思って見回していたら、

IMG_4074

いました!

生パン・シャオティンです!

彼女は、準々決勝で劣勢からヒルヒル(互いにリーチがかかった状態)まで追い上げますが、最後の10ボールを決めきれず敗退してしまいました。それでもナイストライです。

 

 

 

決勝は、ケリー・フィッシャー(英)とルビアン・アミット(比)。

IMG_4083

会場は黒山の人だかりです。

 

 

 

驚きましたが、フィリピンの人たちはやっぱり目が肥えていますね。

フロック(偶然)っぽいセーフティには拍手しないし、球が外れる前から球の軌道を見て溜め息をついたりしてました。

難しそうな配球を見て「マヒラップ(難しい)」と呟いたら、となりで一緒に見ていたおっちゃんが「コンティ ラン(ちょっとだけね)」って返してきました。

代わりに撞かせてみたいです笑。

 

 

 

IMG_4087

両者ミスが目立つ試合でしたが、地元の声援を受けアミットが勝負を制しました。

 

 

ケリーがミスするたびに拍手が起こっていて、終始ケリーが可哀想でしたが、

それでも、アミットの優勝が決まるとケリーは彼女を抱き上げて祝福していました。

 

 

素晴らしい人です。

尊敬します。

 

 

、、、読み返すと、今日は完全にビリヤードブログですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です