タクシーむかつくー!

manila-taxis-rip-you-off

タクシー運転手、本当にむかつく!

昨日の出来事です。

今回はちょっと注意喚起な投稿です)

 

 

カジノから乗って行き先を告げると

「メーターは使はないから250ペソで」とかいきなり言ってきました。

大体100ペソちょっとの距離なのに。

 

メーター使わない攻撃は、かなり一般的な外国人への嫌がらせです。

ここは覚えたタガログ語で反撃します。

「Hindi pwede(いいえ、ダメです)」

 

 

今度は、

クリスマスなんだからいいじゃないか」とか言ってきます。

この時期は本当に多いです。

 

それには、

「Pasensya, ako buddhist(ごめんなさい、僕は仏教徒なんで) 」

と返したら相手はいったん沈黙。

 

 

しかし、まだまだ運転手は引き下がりません。

そこには、客がいないんだよ。帰り道に客を捕まえれない

というむちゃくちゃな理論。

 

そんなの僕の知ったこっちゃないので、

「Hindi ko alam(知りません)」

 

 

タクシー運転手はしぶしぶメーターのスイッチを入れて走り出しました。

まだ何か言ってますが、完無視

 

 

走っている最中も、変なとこに向かわないかずっと注意してないといけません。

経験上、何度もバックミラーを覗き込んでこちらの様子を探ってくるような相手は要注意です。

 

 

10分ほどして目的に到着。

メーターは予想通り120ペソでした。

 

 

120ペソちょうど払うと、メーターを指差して両手を上げて反抗のポーズをしてきます。

こういうのは相手にせずにすぐに降ります。

(マニラのタクシーは自分でドアの開閉ができます)

運転手はなおも窓を開けて文句を言い続け、さらにはクラクションまで鳴らしてくる始末。

まわりから見たら、まるで僕が無賃乗車したかのような扱いです。

むかつく気持ちを抑えながら、ぐっと完無視。。。

 

 

マニラのタクシーは、本当に嫌な人ばっかり。

大体30-40%の確率で不快な思いさせてきます。

僕の友達は、帰り道の途中で、何度か道ばたに停車されたそうです。誰かと待ち合わせて乗客を襲ったり、変なところに連れ去ったりと、何でもできてしまいます。

そんな危険でめんどくさいことを一日二回、往復分やるのは本当に苦痛です。

 

 

マニラに住んで4ヶ月くらいして感じましたが、

タクシー運転手に限らず、話しかけてくる人は大体チップ目的か、法外な値段の客引きか、犯罪者です。(セブの運転手はもっと普通らしいですが)

男ならまだしも、女は絶対に行くべきじゃない場所だと思いました。

そんなに見る物も得る物もない場所です。

 

 

もしどうしても行かなければいけないときは、本当に気をつけてください。

睡眠薬強盗とかもちょくちょくあります。

 

何を言われても、

「Hindi pwede(いいえ、ダメです)」と言うか、完無視しましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です